2020年10月26日 (月)

すみません。特になしです。-6

今日は10月26日月曜日。


10月の終わりにはワタシなりに一つ込める思いがあったのだが何でもなく終わりそうだ。残念。

もう知らん。


すみません。


今日も他特になしです。




※しかし、連日こんなのいい加減にしたい。





| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

すみません。特になしです。-5

今日は10月25日日曜日。


何もないこことはないのだが、それをガチャガチャ書くパワー(=energy、spirit,他)がない。


とても良くないことだ。


・・・・・・、


でも・・・だめだ。


すみません。


以上です。

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

すみません。特になしです。-4

今日は10月24日土曜日。

すみません。

特になしです。


| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

すみません。特になしです。-3 ~そろそはろ~

今日は10月23日金曜日。


すみません。

今日も特になしです。


※ずっと趣味の延長で続けているこのブログですが、

最近のようにこんな不毛なことしか書けないならそろそろ何とかすべきかも知れません。


| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

特になしです。-2

今日は10月22日木曜日。


すみません。

特になしです。

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

すみません。特になしです。

今日は10月21日水曜日。


すみません。


特になしです。


| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

ああ「宙ぶらりん」。

今日は10月20日火曜日。


何だかこのところ急に寒くなってきた。

少し前までは夏のイメージが残っている感じがしていたがもう明らかに寒い。


エアコンもこれまでの「自動」や「送風」では持たず「暖房」だ。


もう間もなく11月だから当然と言えば当然か。


うっかり風邪など引かないよう十分注意しなければならない。


ワタシの場合(たけではないが)とにかく恐れるのは、風邪に起因する肺炎だ。


最近お亡くなりになられた有名な作曲家さんも、お年もお年だとしても原因は「誤嚥性肺炎により」とされている。


「誤嚥性肺炎」ならワタシもよく起こす。


どうしても他人事でないように聞こえてくる。


十分気を付けます。


◇◇◇


しかし今はとにかく己の「宙ぶらりん感」が忌々しい。


「施設を出る」と一大決心をし、周囲の一部にその意向を伝えていても現状何も変わらない。


何とか一日一日を繋いでいても、どうしても「今日は何!?」や「何のため!?」などとつい思ってしまう。


元気で普通に仕事をしていた頃も、今思えば「似た感じ(?)」があったようななかったような・・・?


・・・・・・、


どう考えても「同じ」ではない。

「同じ」であるはずがない。


・・・・・・、


ああ面倒くさい。


もうやめます。


すみません。

以上です。













| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

「一番大事なことだけ」に集中して。

今日は10月19日月曜日。


月曜日だからお決まり通り“G”のお着替え等をするのはいいとして、日の進みは残酷だ。


ワタシとしては「時が止まって欲しい」くらいの勢いで日々を過ごしているのに時の進みはお構いなし。


でもそんなの人類の誕生前(宇宙の誕生と同時/138億年前)から決まっていることなのだから、それをとやかく言ったところでどうにもならない。

なる訳がない。


あ、こんな当たり前で詰まらないことに触れるのも明日から禁止にしよう。


どこまでも無駄な話だ。

――書くことで(ワタシが)少し紛れるところがなくもないけど――


◇◇◇


今の今の課題とする「施設を変わる」ことについて、ちゃんとしなければと思い取り寄せた資料に目を通しても何が何だかよく分からない。


どれも良いことしか書いていないに決まっているし、中身にしても――こう言っては元も子もないが――元々ソコソコの高齢者向けのところの話なので、自分までそんな段階を迎えているかのように思えてきて悲しくなった。


それとこれとは全く別の話であるはずなのに、どうしてもワタシにはそう思えて来てしまい、資料をしっかり見る気力も失せた。


こうなったらじっくり〃比較するより、分かりやすいところ(場所や最低限の環境等)でサッと決めればいいかな、と思った。


資料なんていくら見たところで実際のところなんて分かる訳がない。


最低限のところだけはキチンと確認して、そこから先は己の工夫と努力かと。



この辺についても自分で自分を受け入れられていないところに問題があるだろう。


ワタシなんか、仮に年は「まだ(少々)若い」とされても、実際出来ることなんて言えば、若い(?)どころの騒ぎではない。


この辺も考えれば考えるほど悲しくなるからやめよう。

と言って逃げたり避けられたりする話でもない。


今一度よく整理しよう。


如何なる状態にあろうが、今の自分にとって何が一番大事なのかを。


アレコレ思うところがあっても全ての起点はこことすべきだ。


要らぬ感情を挟んではいけない。

間違ってはいけない。

ここに集中するのだ。


すみません。

以上です。

















| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

久々に行けた床屋さん(^^)v。&当事者はワタシ!という話

今日は10月18日日曜日。


10月もとうとう今日から綺麗にあとちょうど2週間だ。


「1週間って早いね」なんてことは、もう手垢に塗れるほど普段からよく言うセリフだ。


そうこうしているうちに10月なんてすぐ終わる。

延いては11月も今年も・・・。


いやいやいや、今からこんなことをわざわざ自分から言い出すのはやめよう。


◇◇◇


しかし、昨日は久々に床屋さんに行かれて良かった。

実に4ヶ月ぶり。

これまでだいたい毎月コンスタントに行っていたのに、今年については02月、03月、06月、10月と、今年既に10月にして4回しか行かれていない。

世情の都合上仕方ないとしても悲しい話だ。


そのうち何でもなくなる日は本当に来るのだろうか。

とても不安だ。


で、昨日は朝から雨が激しく、「これなら行けるんじゃない?」とするレベルを越えていた。


それでも、前回妹が用意してくれた車イスでも使える雨ガッパ使って強行的に行った。


ワタシとしては「そのつもり」にしていたので、よほど極端でなければ昨日のうちに行きたいと思った。


結果、妹のお陰もあり何とか程なく執り行えて良かった。


髪は全体的にかなり伸びていて、特に耳の辺り等とても気持ち悪かったのだが、スッキリ、それもとてもいい感じて仕上げてもらえて嬉しかった。


次いつ行かれるか今は分からないが、このまま世情が落ち着き、「快方」に向かうことで普通に安心して暮らせ、床屋さんにも事を荒げることなく普通に行かれる日が来ることを心から願う。



ちなみにいつも定番にしていた「あんかけスパ」のお店は、外から眺める感じでは悲しいほど明らかにガラガラだった。


「ガラガラなら『密』じゃないし」としても入る訳にはいかなかった。


本当に悲しく申し訳ないと思った。



各種報道等では、今後インフルエンザの流行期と重なり何だかんだと言われているが、とにもかくにも事が荒波を立てず穏便に過ぎていくことを願ってやまない。


◇◇◇


今のワタシは施設を変わるのだの何だ他、少々心穏やかでないところがあり、せっかく久々に行かれた床屋さんでも

その辺を引きずり、いつものように振る舞えなかったのはワタシ自身少し残念だった。

申し訳なかった。


それとこれとは別なのに・・・。


ワタシなんかまだまだオコサマだな、と悲しくなった。


次回は改めたい。


申し訳ありませんでした。


◇◇◇


で、今抱える問題については、今は「決心」だけして各種資料を取り集め、あーだこーだと言いながら実際何もしていない状態に近い。(0ではないが)


ワタシは週末もヘッタクレも何もないのだからその辺キチンとしたい。


最終的に決断するのは誰でもないワタシ。

当事者が一番しっかりしないと。

(至極当たり前・・・以前の話)


今日はちゃんとしよう。


すみません。

以上です。

























| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

今日は床屋さん・・・雨が・・・。&ワタシの中の悩める(?)ベクトル。

今日は10月17日土曜日。


午前に床屋さんへの外出を予定しているのだが、結構な勢いで雨が降っているらしい。

(施設のスタッフ談。自分で外を眺められない。)


出掛けるのはまだ今から3時間近く後になるのだがどうなることか。

情勢として、少なくとも短時間的に雨が弱まる方向には向いていない気がするからとても気になる。


ま、また出掛ける時外をを眺めてみよう。


◇◇◇


ということもありつつ、


昨日はワタシが施設を変わりたいと考えることについて、前に依頼した先さんからその候補に当たる施設の資料(パンフレット+α)が届いた。


さすがにそれ専門の機関さんだけあって、挙げて頂いた候補先がいくつもある。

とにかく欲しいのは情報だ。


その手の資料(パンフレット)なんて、どれも良いことが書いてあるに決まっているから、それをそのまま鵜呑みには出来ない。


といって、それら全部について一つ一つ見学や面談などをするのは労力的に現実的ではない。


頂いた中から特に選びたい先を厳選して話を前に進めるべきだろう。


◇◇◇


しかし、実際に話を進めるとなるとワタシとしては少し恐くなる部分がない訳でもない。


そりゃ、生活だけを考えたら住み慣れたところがいいに決まっている。


でもでも、それではリハビリについてのアプローチがあまりにも曖昧なので、下手すれば「何もしていない/更にはマイナス?」に近いものを感じる。


前から書いてある通り「現状維持」はあり得ないのだ。


それには「勇気がいる」なんてことは口では何とでも言える。

問題は実際がどうか?だ。


それでもどうしても飛び込まねばならない。


でなければ、ワタシ自身現状ただでさえどうにもならないところに更に拍車がかかる。

少なくともこれだけは間違いない。



して思うに、

リハビリ目的で施設を変わるのはいいとして、それならば何らか改善しなければならないとのプレッシャーも感じずにはいられない。

もちろんそれを望んでいるのだが。


今は何も出来ないから「だから仕方ないのだ」とある意味甘えていられるが、次からはそうはいかない。


今のままではどうしても嫌。


思いの大本の大ベクトルの向きは決まっているのだが、それに伴うワタシの中の細かな小ベクトルがあっち向いたりこっち向いたりしているところは否めない。


それもこれもほとんど「考え方一つ」のはずだから、ワタシなりによく整理しておく必要がありそうだ。


「水は低きに流れる」が如く「甘えに流れる」訳にはいかないのだ。


この辺ちゃんとしておこう。


あ、時間だ。


外はどうかしら?


今日のメインイベントは床屋さんだ。


こちらに集中しよう。


すみません。

以上です。









| | コメント (0)

«明日は久々の床屋さん。そして「今月」とは・・・。