« 少しは「前に進んだ(?)」感動と「イメージ」すること。 | トップページ | 頑張って「食堂で食事」をしよう!有り難いリハビリの先生達。 »

2015年6月18日 (木)

日々代わり映えはなくても大事な大事な毎日。もし普通に健康なら…。

あ~、毎日代わり映えのない日々だ。

では、今回病に倒れる前はどうだったかと言うと、もちろん体の自由は普通に利いたが、毎日代わり映えがあったかどうかと言えば、そうでもなかった気がしなくもない。


だから、今この状態から普通に戻られたら(必ず戻るけど!)、これまでよりもっと上手に時間を使えそうな気がする。すなわち、「いい日々を送られそう」な気がする。

それを思えば、今のような信じられない不遇の日々も完全に「無意味」でもないのかも知れない。

でも、そう考えられるのは「普通に戻られる」ことが必須の話だ!


だから、日々のリハビリも、真剣に向き合って僕の望みを達成せねばならないのだ!

今日で残り86日…。(回復期リハビリ終了まで)


あ、これは考えないことにしよう。
無駄に自分にストレスを与えてしまう。

物事は、結局「成るようにしか成らない」ので、当然目標や願望はあり、それは決して諦めないし、見失うこともしないが、日々細かく計算するばかりでなく、目の前の課題をこなすことに全力を尽くし、「気付いたら回復していた」となるようにしたい。


かつて好んだゴルフもそうだった。
目指すスコアがあって、四六時中残りのホール数や「予定(?)の上がり」ばかりを考えていると、ほとんど「その通りに行かない」のが常だった。

よく周囲に「計算したらダメ」と言われていたものだった。


比較の対象があまりにもかけ離れているが、考え方として「そんな部分」も多いと思うので、

今進行中の回復期リハビリについても計算ばかりをせず、「今成すべきこと」に集中しよう。

昨晩は妹が来てくれてのに何だか調子が悪かった。
何となくいつになく首の辺りが締まった感じ(?)がして気分が悪かった。

でも、一晩寝たら何故か治った。

「それ」が何なのかは分からないが、ちょっとしたことにイチイチ神経質になるのも良くないようだ。


ちなみに今日のリハビリでは、立位訓練でリハビリの先生に「そう!そう!」とよく誉められた。
僕は「誉められて伸びるタイプ」なんてジョークを言ってみたが、
僕だって、日々成果を出したいので、リハビリで言われたことは忠実にこなせるよう努力しているのだ。

その先生は僕が「誉められて伸びるタイプ」と言ったら「じゃ調子に乗るタイプだね」と返しやがった。

まあ、それはどちらでもいい。

要は「上手く出来る」ことが大事なのだ。


しかし、今のリハビリ生活…。

先は長いし、決まったものは何も見えないし、他に数々の不安もあったりするのだが、
それらについては、ある種「いい意味」で蓋をして、
ただ前だけを向いて取り組みたい。

こんなブログで言えることなんて知れているが、今の僕の気持ち(思い)はこんなところだ。

僕は治るのだ!
(普通に…。)

そんなところ。

|

« 少しは「前に進んだ(?)」感動と「イメージ」すること。 | トップページ | 頑張って「食堂で食事」をしよう!有り難いリハビリの先生達。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1318748/60428570

この記事へのトラックバック一覧です: 日々代わり映えはなくても大事な大事な毎日。もし普通に健康なら…。:

« 少しは「前に進んだ(?)」感動と「イメージ」すること。 | トップページ | 頑張って「食堂で食事」をしよう!有り難いリハビリの先生達。 »