« たたが「リハビリ自主トレ」されど「リハビリ自主トレ」、漫然<意識、コンガラガる<コンガラガラない、と真面目!そして脳の可塑性!? | トップページ | じゃんじゃんリハビリ→期待が高まる「新・自主トレ」開始のエキサイティング! »

2017年5月 2日 (火)

「ヒヤヒヤ」は過ぎ去った??と「脳の可塑性」と「立ち座り-自主トレ可」の更なるやる気!

今日は火曜日だ。
今日は天気も良くて暑そうだ。
それもそうか、もう夏の手前の05月だもんな。


昨日書くのを忘れてしまったが、月曜日は恒例の大大好きな僕のG-SHOCKのお着替え日で、昨日から「正規ローテーション」としてG-SHOCK"-C"を"デビュー"させた。

これは先日の「誤嚥ショック相殺の"G"」だから、時計を見ては自らに注意を促さねばならない。

何とも自分勝手でテキトーな理由付けだが、これもこれで日々の「大事な癒し(?)」の1つになっているので、楽しく行きたい。
ホント楽しいな。


ところで、このところバリバリヒヤヒヤ心配していた「誤嚥の肺炎」も何だか通り過ぎた(?)気がする。
(体調がナンヤカンヤとヒヤヒヤし出したのは04/25(火)だった。)

痰は相変わらずカラムが、前に購入した吸引器に付属しているネブライザー(吸入器)を使って何とかしのいでいる。(カラミは少しずつ楽に・・・。)

これも、そのうち使わなくていいよう、日々の注意と改善には十分気を付けたい。

あえてこんなことに触れるとどうかなる(切ると来る?)ような不安(?)がなくもないが、
そんな迷信(?)に左右されるようでもいけないのであえて書いてしまおう。
ダイジョウブかな・・・f(^^;?


で、昨日はその前の「脳の可塑性(と思われる傾向)(?)」のことがあったので、日々に同じ「リハビリ自主トレ」を実施するにも内心とても前向きに臨むことが出来た。
気乗りが違った。

何がどこでどれほど効いたのかは全く分からないが、昨日触れた通り、ベッド仰向けで左手の万歳はどのタイミングでも10/10だ。

これは僕としてはかなり大きい。

これまでは、タイミングによっては「本気で」左手が上がらなかったことが多々あったからだ。
(腕を上げようと思うと訳が分からなくなって頭がコンガラガる。不思議な感覚。)

この辺は昨日の繰り返しになってしまうが、それほど僕にとって「劇的」なことなのだ。

もちろん、昨日も書いた通り、こんなの「ベッド上でだけ」出来ても全く意味がないので、どんどん具体的なADL(日常生活動作)に活かしていきたいところだ。
それでも、少なくとも、「それまで出来なかったことが出来るようになった」ことは大いに「価値有り!」としたい。

そして次に繋げて・・・。

ま、そんなところで、またまた「リハビリ自主トレ」にも益々前向きに取り組めてしまうところなのだが、こうなるとシコタマ「やり過ぎる」のが僕の傾向なので、この辺は自制もしながら上手に取り組んで行きたい。
(やったら「やっただけ」に成果は比例しない!)
(無駄に疲れを溜め込むのもまた問題!)
(うーん、もどかしい!&難しい!)


昨日は施設のリハビリもあって、いつものセラピスト先生にまた色々教わったのだが、
いつものリハビリメニューの壁の手すりを使った「立ち座り」は「『自主トレ』でも出来る!」とされた。

確かによほど変な動き(?)をしない限りは「転倒」のリスクはほとんどない。
(転倒が一番恐いが、実際これまで一度もない。)

何かあるとするなら、車イスから立った後、座る際にドスン!と座り込んでしまう「プッチンプリン(?)」状態になることだろうか。

これは結構腰に来る(響く)ので要注意だ。
(意識して気を付ければ何とかなる!)

車イスの位置を誤って、座る際「的を外す」こともないし、セラピスト先生にそう言ってもらえたなら、これはもうやらない手はない!
やるしかない!やらなければならない!

セラピスト先生に「(自主トレ)可」として頂いたのも、僕が「そういう状態になった」からだとしたい。

それは、まあまあ付いてきた「脚力」であり、揺らがない(倒れない)「ボディバランス」であり、そして「体の軽さ(??)」だろうか。

この「自主トレ」で、特に背筋-臀部(お尻)と体幹の筋力の強化を図って、安定立位の確保→自立歩行の礎を確立するのだ!

こんな自主トレ(壁の手すりを使った立ち座り)をすれば、またいい感じで「ダイエット(?)」も進みそうだ。
(結構キツい。でも負けられない。)
後は1日のどのタイミングでどれくらいやるかだな。

体が軽くなる→リハビリが進む→更に軽くなる→更にリハビリが進む・・・、の好循環だ!

明日(水)のリハビリデイサービスでの体重測定もスゴく楽しみだ。

標準体重(69.7kg)→(現在81.1kg)はかなり遠くても、ちょっとずつでも近づけるよう精進しよう。


「脳の可塑性(?)」もそうだけど、昨日の「(立ち座り)自主トレ可」も大きいな。

ちなみに、
左手に関して、昨日触れた①「手のひらの返し」と②「親指の動き」では、①は「脳の可塑性だけ」では出来ない感じがする。②は行けそう(?)。
(既に自然に近い「可動域があるかないか」の違い、と僕は考える。→やっぱり「リハビリ自主トレ」は外せない!外さないけど!)

いい感じだ!
どんどん進めて行こう!

「やること」も「やれること」も多いぞ!
忙しいよ!

そんなところだ。

|

« たたが「リハビリ自主トレ」されど「リハビリ自主トレ」、漫然<意識、コンガラガる<コンガラガラない、と真面目!そして脳の可塑性!? | トップページ | じゃんじゃんリハビリ→期待が高まる「新・自主トレ」開始のエキサイティング! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1318748/70435772

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒヤヒヤ」は過ぎ去った??と「脳の可塑性」と「立ち座り-自主トレ可」の更なるやる気!:

« たたが「リハビリ自主トレ」されど「リハビリ自主トレ」、漫然<意識、コンガラガる<コンガラガラない、と真面目!そして脳の可塑性!? | トップページ | じゃんじゃんリハビリ→期待が高まる「新・自主トレ」開始のエキサイティング! »