« 2017年8月3日 | トップページ | 2017年8月5日 »

2017年8月4日の1件の記事

2017年8月 4日 (金)

続「歩行器自前購入計画」~そんな「ブルー」は吹き飛ばせ!~

言うまでもないが今日は早くも金曜日。

それも今日は大事な大事なリハビリデイサービス。
今日は午後にお風呂もマッサージリハもあるからタイトだな。
多分午前のリハビリデイサービスと午後のお風呂でクタクタなるから、マッサリハージが終わったら速やかにサクッと仮眠して、また夕飯まで「リハビリ自主トレ」頑張ろう。

最近はこのパターンが定着している。

これが上手く行くかどうかの分かれ目は、仮眠が上手く出来るかとうかにかかってくる。

仮眠にはそれほど多くの時間をかけてはダメと思っているので、スッと寝付いてサッと目覚められたらクッドだ。

寝付きに当たっては、ちょっと前は「某国ドラマの(鉄板)サントラ」を頼りにしていたが、少々免疫がついてしまったようなので、今は"品"を変え"「松田聖子」の36曲入りのアルバムを流している。それも、次に何がかかるか分からない「ランダム再生」がいい。

これも寝付くBGMにはなかなかいい。
特にファンではないが、聴いていてソコソコ楽しいし、彼女の「ヒーカップ唱法(語尾が上がる/裏返る)」もなかなか素敵だ。

この「ヒーカップ唱法」はあの桑田佳祐にも多い。

僕も真似して何とか訓練しようと思い出した最中での今回なので、いつか復帰を果たしたら、「ギタリスト復帰」と合わせてこの「ヒーカップ唱法」にもまたチャレンジしたい。

復帰を果たしてやりたいことなんて「売るほど(?)」あるので、今の状態はあまりにも口惜しい。

だから、何があってもメゲずにトコトン頑張らねばならないのだ!

これはどこを切っても同じだ。
そういうことだ。


さて、リハビリデイサービス。
一昨日行ったばかりだから、そんなに変わったことはなくても、今日もしっかり頑張りたい。

その一昨日使った「歩行器」がとても刺激的で、ふと考えたら昨日の記事の通り「そうか、自分で買えばいいのか」との思いに至った。

昨日はその算段(?)をずっと考えていた感じだった。

でも正直ちょっと気持ちはブルーだった。

と言うのも、昨日の午前にあった施設のリハビリで受け持ちのPT(理学療法士)先生に「歩行器自前購入計画」の話をしたら、「まだ早いと思います」とサラっと言われてしまったからだ。
(「そういうお考えがあることは承知致しました」に留まった。)

「まだ早い・・・。」、
現状の僕のレベルを思えば、そう言われるのは真っ当だろう。

では、どうであれば「早くなくない」のか、とか、どうすればいいのか、等とウダウダ考えた。

「まだ早い」とされるのは、「歩行器」使用に際して僕に大きな危険を伴うからだ。

常にフォローしてくれる人が側にいてくれればまた話は別だろうが、そうではないので、「まだ早い」となってしまう。やむ無しだ。

でも、僕としてはとにかくリハビリがしたいので、例えば「歩行器の訓練がしたい」として「では来週~。」とか、「器具が空いていたら~。」のように、制約を受けて、やりたい時に出来ない
のが何よりも嫌なのだ。

今はまだ訓練段階なので、週一(もしくは週二)のリハビリデイサービスだけだとしても、今月末にそのリハビリデイサービスが終了することを思えば、その後は施設か次のデイサービスとなる。

少なくとも現状の施設では、上記のように僕が嫌う制約を受けることは間違いない。

仮に上手く行っても「週一且つ30分だけ」だ。

それでは目指すレベル(自立歩行)に対してリハビリ量が少ないことは明々白々だ。

であれば、何かに頼らず「自分で何とかせねば!」と考えた訳だ。

ただ、先に挙げた通り、出来るだけ自力で訓練するなら安全性(危険回避)の確保が問題だ。

今居する施設では、何かをしようと思えば、「リハビリ担当の許可の下」が不可避となる。

日々取り組む「廊下での立ち座りの自主トレ」も、「臥床(ベッドに戻る)の自立」も、リハビリ担当の「大丈夫」との許可があったから叶ったものだ。

もし、今の施設内で「歩行器を使いたい」となれば、施設のルールに従って、リハビリ担当の許可を取る必要がある。

それが出来ないなら「自宅でやってくれ」となるのだ。それもそうだろう。
(施設で「勝手な行動」を取って怪我でもされたら「迷惑」だから。それはとってもよく分かる。)

となれば、「まだ早い」とされた判断を覆すだけの僕のポテンシャルが必要になるのだ。

僕の考えを話して切り返されて「ブルー」になんかなっている間はない!

何をおいても「まだ早い」とされないポテンシャルの達成が急務だ。

ブルー?
違う違う。
分かりやすいシンプルな話じゃないか。

もちろん「歩行器の使用がゴール」ではないけれど、目指すレベル(自立歩行)の「通過点」として重要な話になるはずだ。

前に「マイ車イス」を購入した時のメーカーさんに問い合わせたら、「扱いはあるので購入は可能です」とのお返事をもらった。

ただ、前に「電動車イス」の相談もしていたので、相反するものとして、これらの「優先順位」について聞かれた。

なるほど・・・。

言われる通り。

でもでも、「歩行器」と「電動車イス」では、目的も移動可能距離も全然違うので、一概に同列で比較は出来ないが、「どうしても」と言われるなら「歩行器」が先か。

「歩行器」→歩行訓練、★リハビリ!
「電動車イス」→主に外出等、移動負荷の軽減

ちなみにQOL(Quality Of Life)として、これらの併用も考えている。

またまた、状況によっては「電動車イス」が不要になることも考えられる。これが一番いい。
(そうなりたい!いや、する!すべし!)

あくまでも究極の目標は「自立歩行」なので、その辺を勘案しながら進めて行こう。

どちらにしても、やることは一つだ。

そうだ、今日のリハビリデイサービスでも聞いてみよう。

でも、聞いたところでやるべきことは同じか。

何か参考になることはあっても、
突き詰めれば「僕が頑張ること」以外に何も手立てはないのだ。

とにかく訓練、トレーニングに集中して進捗を進めることだ。(「焦り」だけが前に出ないに)

「まだ早い」とされない僕のポテンシャル確保!

次に進むならそれしかない!

そういうことだ。
今日もがんがんガンガン頑張ろう!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月3日 | トップページ | 2017年8月5日 »