« 2017年8月10日 | トップページ | 2017年8月12日 »

2017年8月11日の1件の記事

2017年8月11日 (金)

これが「現実」の「一旦延期」(近日中)・・・。~(追伸)【①左の手首&②「世界陸上」】~

あー、今日は08月11日(金)か。

昨日が(金)かと思っていた。
昨日はナントナク金曜日感(?)があったような気がしていたけど違った。

1日得した?
違う、違う、何も変わらない。

で、今日が(金)で11日か。


野球で言うなら「4回表」だな。

もし無得点なら、打順も一巡してそろそろ1点でも欲しいところか。

そんなことを考えながら、昨日の施設のリハビリでは、「歩行器判定テスト(?)」をしてもらった。

結論的には、判定は「×」で、まだ「危険過ぎる」とのことだった。

一番の問題は、車イスから自力で立てないことだ。
手すりとか、何か「強く引っ張られる」ものがあれば立つには立てるが、そうでなければ今は全く無理だ。

まして歩行器相手では、やはり「あまりにも危険=まだ無理」とされた。

テストに使った歩行器も、やり方も、僕のイメージとは正直だいぶん違ったのだが、「危険」とされる判定は残念ながら真っ当だろう。
薄々分かってはいたけど、イメージが違った。
(粘ってもダメ)

やはりまだまだトレーニング(「自主トレ」)でのポテンシャルアップが必要だ。

やはり何か掴まれるものがなくても普通に立ち上がられるようにならないと難しいか・・・。

これ、難易度が高いな。

でも、「普通」ならそんな立ち上がりは「普通」のことなので、先ずはそこを目指さなきゃ。

「脚力」と「バランス」か?

またリハビリデイサービスでも聞いてみよう。

しかし、「やるべきこと」「なすべきこと」が明確にハッキリして良かった。

もちろんこれは、リハビリデイサービスでも指摘はされていたのだが、ちょっとイメージが違った・・・。

まあ、それはいいや。
(いや、何も良くない!)

とにかく、「廊下での立ち座りの自主トレ」をするにも、「明確なターゲット」に向けて頑張ることだ。

このところの一連の「大騒ぎ(?)」も一旦ここで終了か。
これが「現実」だ。

いやいや、終了ではない!
「近日中」に必ず叶えるから、言うなら「一旦延期」か。

昨日も頑張ったけど、今日からの「廊下での立ち座りの自主トレ」がまたもう一つ楽しみだ。

「やり過ぎ」と「転倒」に十分注意しながらガッツリ行こう!

絶対普通に立ち上がられるようになってみせるし!
確かに、これが出来れば、またかなり幅が広がりそうだ。
裏を返せば、これが出来ないと先にも進めない?

それがよーく分かった。

今までは何だった??

→イメージが違った。

もうそれを言うのは止めよう。

今月末(08月30日)までの「直近の目標」とする「『歩行器』で歩く」は何も変えない。

まだ4回表だから!


さて、今日も楽しいぞ!!

負けるものか!

頑張ります。

(追伸)

①【とても難しい!!「手首の反り」】

このところ躍起になっている「手首の反り」はまだまだ全然だ。

力を加えれば十分反るは反るので、動かせないよう「固まって」はいないと思うが、自分の意思で反らすことが出来ない。

「手首を反らす」なら、手首の表(側)と裏(側)で縮む筋肉と伸びる筋肉が「それぞれに連動」しなければならないのだが、僕のように麻痺があると、その表と裏「同時に」力が入ってしまうので、反らそうにも固くなって何ともならない。

それを制御するのが「自律神経」と言われるからこれがまたヤヤコシイ。
(外部の圧力や努力では何ともならない?出来ない?うーん、それが「自律神経」)

これは「ストレッチだけ」では解決しないな。

もちろんそれも大事だろうが、やはりそれを少しでも促すよう頭で「イメージすること」か。

単に引っ張ったり伸ばしたりするだけではダメだ。

やりながら自分でもそう思える。

一連の理屈はある程度分かるとしても、実際どうするのがいいのだろう?

必要な動作としてどんどんADL(日常生活動作)に組み込んで「イメージを高める」ことと「脳トレ」か?

「論理脳ドリル」と「数独」は相変わらず頑張っているぞ。

何とかしたいねー。

これ以上は分からん!

究極は「念力」か!?

②【「世界陸上」の織田裕二!】

僕は「陸上」には全く造詣がないので、偉そうなことは何も言えないが、今やっている「世界陸上」は面白い。

ちょうど寝る時間や寝ている時間にやっているので、寝付く時や、夜中にたまたま目が覚めた時に「流す」のにちょうどいい。

「真剣勝負」に対してこんなことを言っては叱られそうだが、それよりMC の織田裕二!

もう「世界陸上」のMCとして20年になるそうな・・・。(29歳→49歳)

思えば彼がMCとして登場した当時、「何故織田裕二?」とか、「見ているこっちが照れる(?)」くらいの「(異様なまでに「超」が付くほどの)ハイテンション」、「この後すぐ!間もなく!」と言って「5時間後」等々いろいろあったように思うが、今見る織田裕二には好感が持てるし、彼、相等好きで勉強もしてるなー、と感じる、伝わって来る。

彼のMCに今は「心地よさ」すら感じる。
(別にファンとかではないけど・・・。)

「20年前と並べて見たい(?)」気がしないでもないが、かなり進化していると思う。
素晴らしいぞ、織田裕二!

こういうのはとてもいいね(^^)。

これは当時を知るオッサンの特権(?)かも?

彼が今49ならほぼタメだ。
(僕は48)

特にファンではないけど、そんな感じでこれから少し見方が変わりそう。

僕も負けないように頑張ろう。
(何を?うーん、これもイメージ。)

さて、今日も頑張るぞ!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月10日 | トップページ | 2017年8月12日 »