« 今がどうでも「訓練をすれば必ずまた歩ける!」→問題はその方法!!~今後の人生をもかける勢いで!~ | トップページ | もう一つリハビリを充実させられそうな大きな喜び!~決してブレることのない「僕の目指すところ」~and more「数独」+「うる星やつら」 »

2018年3月16日 (金)

「焦り」じゃなくて「機を逃さず」&「善は急げ」とする話~年間でもまだ日の浅い(?)うちに!~

やれやれ、今日は早くも金曜日で03月も16日だ。

16日と言えば、日にち的にはもう03月の峠を越えたことになるので、またまた「04月」に向けて一直線だ。コワー。

昨日(木)は終日フリーで、いつもの如く朝からやる気満々でいた。(「リハビリ自主トレ」に向けて)

と言いつつ、午前の「リハビリ自主トレ」に入る前にやり残していた「数独」の問題に向かった。

午前「リハビリ自主トレ」に入る前に20分タイマーをかけて一度問題に向かうのは今や一つのルーティンになっている。

これが楽しいのだ。

で、やり始めたら、ようやくやっとやっと
いい感じにヒラメイて、2日悩んだ問題が解けた!

「何故この引き出しが開けられなかったのか!?」と反省することしきりだったが、「リハビリ自主トレ」の前にこうして問題が解けると気持ちもスッキリして「リハビリ自主トレ」にも勢いがつく。

僕は単純だ。

やっと新しい問題(Q102)に入れるのは嬉しいとして、その問題はまたまた未だに解けていない。
本の最終章の"Level9"になると腹立つほど(?)難しいのだ。

これが楽しいのだけど!

少し「数独疲れ(?)」もあったので、夕べは「論理脳ドリル」をやった。

こちらもユニークでとても面白い。

どちらにしても、それぞれこんな問題をこしらえること自体に驚きを感じる。

どうやって作ってるんだろ。

こんな話はいいや。


それより今の問題は昨日夢中で書いた「リハビリデイサービス回数増?」の話だ。

あれから色々考えたら、たとえ短時間でも、あれほど効果のある訓練は他にないと思うので、何点か「条件」を上げつつリハビリデイサービスさんに相談を持ちかけた。

その条件とは・・・
1_行きの送迎有り(帰りは任意)
2_「平行棒トレ」を主眼に滞在は短時間
3_曜日は(金)か(土)

で、2_は絶対希望で、1_、3_は調整可とした。

2_を優先し時間を調整しようと思えば恐らく1_は不可。

となればそこそこの費用も要することになりそうだが、昨日も触れた通り、「費用対効果」といったような全うなことを言っていられる状況ではないのだ。

でもこれも、「歩行器自主トレ可」となれば解消出来る話だ。

建設的に「順序」を考慮するなら、「リハビリデイサービス平行棒トレ増」は現状不可避と考える。

「来週話し合いましょう」と、僕からの連絡に
対しリハビリデイサービスの相談員さんからお返事をもらったので、この辺のプランと合わせてしっかり相談したい。
(リハビリデイサービス的には僕の利用増は特に望まれるものではない、と思う)

往復にかかる費用にさえ目をつぶれば、恐らく僕の希望通り行けるはずだ。(2_& 3_)

あとは今居する施設、介護タクシーさん辺りと調整をつければ問題なしだ。

実際、2、30分の訓練のために介護タクシーを使って往復することになるかもなあ。

いや、それでもいい!
他に同等の手段がないのだからどうしても!だ。

前のリハビリデイサービスに同じく「隔週」とするのも一つの手だな。

うん、これがいいかも。

こうして書いていると色んなことに気付くし様々な思いも深まっていい(僕が)。

こんな話、何だか頑固+頑なに映るかも知れないが、僕はそれほど真剣だし、時間も余裕もないのだ。

焦っているのではない。
機を逃さず「善は急げ」で行きたいと考える話だ。

これだって、夏かそれ以降に気付いて始めるのと、まだ年間でも日の浅いうちに気付くのとではかなり違うはずだ(と思いたい)。

これが上手く行って(いや、行かせる!)、先ずは「支持有り自立歩行」、延いては「(正味)自立歩行」が視野に入れば万々歳だ。
(必ず入れるし!)


そうだ、昨日書こうとして忘れた話。

それは「右天然足チャレンジ(装具解除)」の話だ。

リハビリ用の靴が届いたのは良かったが、やはり、いきなり「天然状態」は無理だった。

「正の方向」で立ち上がる分には問題なかったが、体の向きを変えようと「正」に対して荷重の±があると安定が保てず、コケそうになった。

たまたま人のいるところで試したから良かったものの、一人でやっていたら事故だった。(そんな無謀なチャレンジしないけど!)

どちらにしても予定通りに行かなかったことは否めないので、リハビリの先生にも相談して段階を経ながら進めて行こう。

確かにコケそうになったのは事実だが、訓練さえすれば大丈夫との感触は得た。
(右は可、左は相当困難)

これだって、先に同じく年間でも日の浅いうちに・・・・・・だ。

なかなか「緩い話(?)」を記事に出来ないこの頃だが、その辺はまた次回以降に譲るとして、今の関心の中心はここだ。

僕的には取り組んできたリハビリで、これまでにない段階に入ってきているような気がするので、ここでこそ集中力と想像力と決意、覚悟を発揮せねばならない。

焦りではない。
「機を逃さず」&「善は急げ」の話だ。

きっと外れていないはずだ!

さあ、今日も踏ん張って張り切って行こう!


|

« 今がどうでも「訓練をすれば必ずまた歩ける!」→問題はその方法!!~今後の人生をもかける勢いで!~ | トップページ | もう一つリハビリを充実させられそうな大きな喜び!~決してブレることのない「僕の目指すところ」~and more「数独」+「うる星やつら」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「焦り」じゃなくて「機を逃さず」&「善は急げ」とする話~年間でもまだ日の浅い(?)うちに!~:

« 今がどうでも「訓練をすれば必ずまた歩ける!」→問題はその方法!!~今後の人生をもかける勢いで!~ | トップページ | もう一つリハビリを充実させられそうな大きな喜び!~決してブレることのない「僕の目指すところ」~and more「数独」+「うる星やつら」 »