« 台風と「気付き」と「数独」と「読書」とどうしよう??の話 | トップページ | ものは捉えよう・・・→高めよう「意欲圧(?)」そして日々は「翌日以降の準備」として! »

2018年9月 6日 (木)

意外と重大だった(?)昨日の「気付き」→当たり前の中にも「意味を持たせる」こと、そして「加速度的」な回復へ!!~(追伸)【何と!続編(完結編)が・・・】

今日は09月06日で木曜日だ。

木曜日と言えば「準週末(?)」ではないが、 週の後半だったり週の終わりを感じてしまう。

いやいや、こういうことを言ってはいけないのだ。

「今週」としては、まだ今日も含めて(木)(金)(土)(日)と4日もあるのだ。
((日)は感覚的なものとして)

あるようで、ないようで、実は結構あるのが「時間」だ(と僕は考える)。

何もしていないうち、最初から「ないもの」としてそこに向かうと「本当になくなってしまう」ので、「時間」の扱いは、本来客観的なものであるはずのものが、捉え方次第でいくらでも主観的なものへと変容する難しいものだと思う。

今の僕は自分の人生において、「特別な(特殊な)期間」だと捉えていて、これは出来るだけ早めに脱出すべきと考えるので、時間の経過はどうしても日々の関心の先頭近くにある。

と言いながら、09月に入って早くも1週間となるので、十分心して日々を送りたい。

と、こんな感じに書き始めたらまた面白くも何ともないのだが、この辺今の僕にとってとても重要なことなので、自分の中の失えないテーマの一つとして大事にしよう。


しかし、昨日は朝からリハビリデイサービス、午後は普段の「リハビリ自主トレ」に加えて、ちゃんと日常の「歩行器トレ」も出来てとても良かったが、これ結構くたびれるものなんだな、と昨日寝る前になって思った。

そんなこともあったので、夕べは「普段と疲労感が違うぜ」と思いながら床に就いたのだが、やっていることはホントたかが知れているいるので、もっともっと自力も上げたい。

そして昨日のことと言えば、昨日の記事にもした「気付き」のこと。

ちょっとしたことなのだが、これが結構重大なことだったようで、これも昨日の記事にもしたが、「その兆候」はリハビリデイサービスの段階でも明らかなるものを感じた。

今日からの「リハビリ自主トレ」でも十分意識して取り組みたい。

これも、我ながら、日々常に何かを考えながら臨んだたまたまの結果と捉えたいが、日々の当たり前のルーティーンの中にも「こなすこと」ばかりでなく、そこに「意味を持たせる」ことの大事さをひしひしと感じた。

こうなると詰まらないはずの「リハビリ自主トレ」も楽しくなってくる。

今も既に早くやりたくてたまらない気分だ。

成果を急いではいけないし、それが簡単に出来るとも思っていないが、昨日の「気付き」は結構重大なことだと思えるので、このところ触れていなかったが、「着実」に期しつつ「加速度的な」回復に向けて取り組みを進めたい。

「リハビリ自主トレ」といい、施設の協力を得て初めて行える「歩行器トレ」といい、またまた施設のリハビリといい、リハビリデイサービスといい、今の僕に必要ないいリハビリが出来ていると思う。

でもこれで満足してはいけないし、自分の現状と目指す先を思えばまだまだ足りているとは思えない(体も着いてこないが)ので、「今ここ」を大事にしながらこれから先も見据えて改善と工夫には余念なきものとしたい。

何か真面目だなあ(?)。
僕って。

でも今の僕はこんなアウトプットしか出来ない。

出来ないものは出来ないものとして無理するまいか。

いいや、今日も頑張ろう、頑張るぜ!!

(追伸)

【何と続編が・・・。】

本文で触れる通り、僕の頭の中は自らのリハビリのことで一杯でもあるのだが、一日通して「それだけ」とはならない。

昨日は午前のリハビリデイサービスの待機時間中に、4日苦しんだ「数独」の問題が解けた。

とても嬉しかったのだが、散々苦しんだ割には、分かってしまえば「何だこれか」ではないが悔しいほどに単純なものであったりする。

この辺の興味はいくらやっても尽きないのは有り難い。(僕の場合・・・。)

この辺に関して、昨日実に面白そうな本を見つけた。

昨日の記事では「どうしよう??」としていたが、もう、止められるものでもなく、結局入手した。

でも、入手しただけの価値は間違いないなくありそうなので、「それを活かす」方向で前向きに捉えたい。

その「どうしよう??」にはまだある。

ここでもちょくちょく触れている我が「人生の書」としている「嫌われる勇気」には何と続編(完結編→「幸せになる勇気」)があって、これも迷わず入手した。

夕べ少し読み始めたのだが、これがまた面白くてたまらん!

読んでいて思うのは、自分なりに心酔してある程度は理解したと思っていた「アドラー」にもまだまだ誤解や不理解の箇所があるものと感じることだ。

この本の著者は「アドラー」をどこまで深く研究し、どこまで理解をされているかと思うとほとほと頭が下がってたまらない。

僕なんかはただの「一読者」に過ぎないので、そこまでのものは求めなくても、これらが僕の「人生の書」たる位置付けになることは間違いないので、またまた興奮しながら読んでしまいそうだ。

★「リハビリ自主トレ」や★リハビリもしなければならない。
でも、
「数独」もしたい。(+「論理脳ドリル」も)
「♪プリンス♪」もバリバリ聴きたい。
上記に挙げる本らも読みたい!

ある意味、「今しか出来ん」部分もあるが、本分→★を決して疎かにすることなく、「時間」はしっかり「作って」
各種取り組もう。

日々結構苦しかったり歯痒かったりすることも多いけど、それをどう捉えるかは「主観」の問題だ。

要は「自分次第」。

そうだそうだ。

頑張って行きましょう!!


|

« 台風と「気付き」と「数独」と「読書」とどうしよう??の話 | トップページ | ものは捉えよう・・・→高めよう「意欲圧(?)」そして日々は「翌日以降の準備」として! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外と重大だった(?)昨日の「気付き」→当たり前の中にも「意味を持たせる」こと、そして「加速度的」な回復へ!!~(追伸)【何と!続編(完結編)が・・・】:

« 台風と「気付き」と「数独」と「読書」とどうしよう??の話 | トップページ | ものは捉えよう・・・→高めよう「意欲圧(?)」そして日々は「翌日以降の準備」として! »