« 2019年6月15日 (土) | トップページ | 2019年6月17日 (月) »

2019年6月16日 (日)の1件の記事

2019年6月16日 (日)

"ブレークスルー?"と目指すところまでの距離など~(追伸)【ワタクシメの読書と大谷翔平→コジツケ私論】~

今日は06月16日で日曜日。

何と06月も今日から後半。

過ぎた05月よりも未来の07月の方が近い。

イカン、イカン、そんな詰まらないことを考えるのは止めて、与えられた日々を大事に頑張ろう。

昨日もリハビリデイサービス2、に施設での「日常の歩行器トレ」、「リハビリ自主トレ」とよく頑張った。

調子はすこぶる良かった。

もうそろそろ――一番身近な――"ブレークスルー"としてもいいかも知れない。

例えて言うなら、

野球のキャッチボールで、

1_塁間ソコソコの距離が満足に届くようになり、

2_それも相手の胸元目掛けて正確にコントロール出来るようになったくらいのレベルだろうか。

これから先、

1_キャッチャーを座らせ、

2_バッターを立たせてもソコソコ速い球で正確にコントロールが出来、

3_試合でピッチャーをしても試合を成立させられて、

4_おまけに打者を押さえて勝ち投手にならんとすることを思えば、

それがどれだけ遠いことなのかの想像が付く気がする。

僕の「自立歩行」はこんなところかも知れない。

違う、違う、見えない先の予定(皮算用)よりも常に「今ここ」だ。

こんなこといつも書いているのに、また書いてしまった。

自分で誘っているのかのよう・・・。

気を付けよう。

歩きの程度についてはまた今度→(火)の施設のリハビリでセラピスト先生によく見てもらおう。

きっと驚かせられるだろう。

楽しみだ。


(追伸)

【ワタクシメの"読書"について→大谷ショータイムより?】

※ワタクシメの読書と大谷翔平は全く関係ありません。

以降ワタクシメの勝手なコジツケ私論です。

------------------------------------------------------------

現在、今年の目標の「読書-年間100冊」を目指して日々着々とあれやこれやと読み漁っている。

読書は本当に楽しく、今のワタクシメを支える大事な要素の一つだ。

そんな中、ここの施設のあるスタッフさんと話していたら、そのお方、お歳は僕より幾分か若い(失礼!)はずなのに、僕がこれから読みたいと思っている本は大方"当たり前に"読まれていた。

(ex.壮大な長編小説他)

――失礼なことを申してはいけないが――話をしていて正直驚いた(*_*)。

そして話の中で1つお勧めの本を紹介頂いて、僕も早速入手し読もうと思ったのだが、これがまたとても長いのだ。

(<上>、<下>とあって、合わせて1,200ページ超。)

そんなに長いのを読んでいては冊数が稼げないから、目標に向けての停滞になると思い二の足を踏んだ。

(「年間100冊」はまず間違いないが。)

そこでふと、僕が大好きな落合博満氏による、今をトキメク大谷翔平の評を思い出した・・・・・・。

------------------------------------------------------------

氏曰く、

彼が現役の頃は、やれ規定打数がどう、打率や本塁打がどうと、「記録」的なことをそれなりに意識されていたとのこと。

ところが大谷翔平はそんなことに関係なく、自分がやりたいこと、好きなことにとことん挑戦し、また存分に楽しみながら、更には目を見張る結果まで残しているところがスゴい!と彼の書で仰せられていた。

(→今現在となれば、またそれをも遥かに超えている・・・。)

・・・、そりゃ「二刀流」なんてことをしていれば、規定打席数、規定投球回数に届かなくなるのは自然。

氏、野球に対する価値観が全然違うとも。

------------------------------------------------------------

そんなことを考えたら、読書について、本が長くて読了の冊数が稼げないからとして二の足を踏む、又は避けるというのは本末転倒だ。

本当に本を読みたいのなら、その長さで読む/読まない判断するのはおかしい。

何のために読むんだ?ということになってしまう。

読書には、読みたいときに読むべきという"旬"があるという。

これらのことを総合して、今般ご紹介頂いた本はやはり読むことにした。(既に入手した)

・・・以上です。

頑張ります。

頑張るんじゃない、楽しむんだな。




















| | コメント (0)

« 2019年6月15日 (土) | トップページ | 2019年6月17日 (月) »