« シンジャカ(shinjaka/信者化)について。 | トップページ | アレもコレもありながら、辿り着きたい"島"か"大陸" »

2019年6月11日 (火)

「だからこそ」気を付けよう!「"不注意"一瞬、"留守"約10日」の悲哀

今日は06月11日で火曜日だ。

先週から施設のリハビリが(月)から(火)に変更となったので、これまでは"休み"としていた(火)も「歩きの訓練」が出来るようになった。

とても有り難い。

今「歩きの訓練」には日々かなり心血を注いでいる。

とにかく慣れに慣れて歩行器で歩くくらいナンデモナクしたいのだ。

また施設のリハビリでは、先週受け持ちのセラピスト先生から教わったことがちゃんと出来ているかを見てもらうのも楽しみだし(出来ているはず)、

何よりも、先週自分で「"ミニ"ブレークスルー」とした「歩きの"試技"」が如何なものか判定願うのも楽しみだ。

今日も湿気が高そうで、恐らく床のグリップも強い(キツい)と思われるから、歩くに過酷(?)な環境であればあるほど僕は有り難い。

あれから「日常の歩行器トレ」をしていても、以前の悩みの"1丁目1番地"であった「爪先の突っかかり」がないので、とても嬉しく楽しく自信にも溢れている。

(現時点レベルとして)

となれば一段上がった"次の課題"を探らねばならない。

この辺は今日施設のリハビリでセラピスト先生とよく話し合おう。


ところで、

こんな感じて調子の良さを感じると気になるのが「また(肺炎などを)起こさないか?」の不安だ。

今の状態――心身ともに――にして

「それはなかろう」

と思っても過去の苦々し過ぎる経験を思えば、そうと出来ないところが何とも辛い。

――名古屋で言う"矢場とん"ではないが、ホント「アイツは突然やってくる~」のだ。――

特に問題とされる食事においては、あれから"追加対策"もしたし、十分気を付けているつもりだが、

昨日少し気にしてみたら、また以前のように食事を次から次に口に運ぶ(早食い!)傾向を感じたし、「あ、今の不味かったんちゃうかな?」と思うような嚥下も決してない訳ではない。

まだ何も起きていないうちに改める必要はありそうだ。

程度にもよると思うが、1度や2度の誤嚥でまた猛烈に熱が出る――すなわち肺炎――ことはないと思うものの、

先日の有り難き○○の知恵袋のご回答などのことを考えると、日々の微量の誤嚥も決して侮れない。

"完璧"は無理だ→注意しても僅or多少はやむを得ない→ならば注意しても無駄!?等と後ろ向きな気持ちにもなりそうだ が、

そこは我が定め。

こういったこととも闘って行かねばならないのだ。

※別に今何かを起こしている訳ではありません。

※気にしているだけです。

「"不注意"一瞬、"留守(入院)"約10日」ではないけれど、

明るく前向きに気にしておこう。

病院からは「神経質過ぎるくらいでちょうどいい」なんて言われているからな。

ようやくノリノリを取り戻した(確立した)今において、安易に"不徳のところ"なんてものは致せられない!

昨日のシンジャカ(shinjaka/信者化)の話ではないけれど、何せ今リハビリが楽しくてならないのだ

今回の以上のようなモゾモゾは「だからこそ」だ。

話が戻るが、今日の施設のリハビリは特に楽しみだ。

きっとまた色々大切なものをご享受賜れることだろう。

ということで

今日も張り切って頑張ります!




















|

« シンジャカ(shinjaka/信者化)について。 | トップページ | アレもコレもありながら、辿り着きたい"島"か"大陸" »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンジャカ(shinjaka/信者化)について。 | トップページ | アレもコレもありながら、辿り着きたい"島"か"大陸" »