« ①"天然足"と②"superinspire"再び | トップページ | 大事な施設のリハビリへ~(追伸)【"superinspire"と 私-01/はじめに】 »

2019年8月 5日 (月)

「(実は)出来る」vs「(ただの)甘え」~"排せよ甘え"の考察~

今日は08月05日で月曜日だ。

さあ、(実質)新しい週の始まりだ。

と言って特にいつもと何も変わらないのだが、

昨日記事にした通り、"足の天然化"を「直近」のものとして本気で考え出すと同じトレーニングでも見方が随分と変わる。

――「そのうち・・・」ではなかなか変わらないはず・・・?――

こんなの急に思い付いたようなものだが、何とか来月から足の天然化を含む「リハビリ自主トレ」メニューの改変を現実のものとしたい。(★猶予1ヶ月)

そして年内に右足について完全天然化の達成!(★猶予 重複を含み5ヶ月(も)!)

本当に片足だけでも装具を外すとなると、かなり不安が伴うのは事実だが、

それは「今現在」の話であって、

これから(これまでも)トレーニングを積んで、1か月後、更に5か月後には状況を激変させているから大丈夫だ、としたい。

と言うよりむしろそうでなければならない。


焦りは禁物、マイペースが大事、とはよく言われるが、それはそうでも、本当なら"出来るのに(尻込みして)やらないだけ"なのであればそれはただの「甘え」だ。(と僕は考える)


リハビリなんて、日々どんな進捗を見せるか全く予想が付かないので、全てが全てこうとばかりは出来ないが、もし、ある時点で進捗が思い通りに進んでいないのであればそこで再考すればいい。

――無理すると怪我する――


そこで難しくなるのが、「(実は)出来る」のか、それとも「(ただの)甘え」なのか?というところだ。

ある意味、僕のような「特権身分」にあれば、甘えたところで誰にも文句なんて言われない。

でもそれでは自分が嫌だから、そこは"厳しく"行きたい。

――甘えるならそれでもいいけど自分が損するだけ!――

ただ、出来る/出来ないの正確な判断は自分一人で出来ない(しない方がいい)ところもあるから、そこは場合に応じて専門家(各種リハビリの先生の方々)の知恵を借り、必要があれば助言も得たい。

何にしても、そこに至らしめる状態にするのは己だ。

今日もアレをしたいコレもしたいと、僕の中で色々膨らんでいる。

如何せん、どれも進捗が遅すぎる(と感じる)ところは辛いところであるが、リハビリなんてだいたいそんなもんだ。

それもそうとしながら、上記で触れたような無駄な「甘え」を拝することには十分意識をしながら真剣に向き合いたい。

時々、こんな類のことを口にすると、たまに「アスリート」みたいと言われる。

確かに僕はこれでも元素人アスリートに違いない。

そんなことより

「普通こんなもんじゃろ」と僕は思う。

こう思える僕はオメデタイかアリガタイ(?)としておこう。

まあいい。

昨日は何かと記事に出来ないレベルで細かくいい感じだった。

今日はそれを踏襲したい。

この繰り返しだ。


と言ったところで

今日も今週も張り切って頑張ります!



































|

« ①"天然足"と②"superinspire"再び | トップページ | 大事な施設のリハビリへ~(追伸)【"superinspire"と 私-01/はじめに】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ①"天然足"と②"superinspire"再び | トップページ | 大事な施設のリハビリへ~(追伸)【"superinspire"と 私-01/はじめに】 »