« あれから1週間と病院の土日~【"superinspire"と私-09/途中経過と今後の予定】~ | トップページ | 早く退院しよう。やりたいことたくさん! »

2019年8月18日 (日)

2度あったことは3度あった!?誰も耳を貸さなくても"天にだけ"は届け!~【"superinspire"と私-10/各話まとめ版①~⑤】~

今日は08月18日で日曜日。

台風も去り、お盆も終わり、明日からは世間も再始動だ。

今日の最高予想気温は36℃とされているが、36℃なら「ま、そんなもんかな?」等と思ってしまう。(35℃くらいでは驚かないような・・・?)

イカン!外に出ないワタクシメがこのようなことを言っては叱られる(*_*)。

そうだ、僕はまだ恥ずかしくも"入院中"なのだ(TT)。


昨日は妹が顔を出してくれて楽しかった――共に読んでいるアガサ・クリスティの話で盛り上がった――が、

考えてみれば、こんな入院も今年"3回目"だ。

――02月、05月、そして08月――

どう考えても多い!

残念ながら"特効薬"的な対策は考えられないが、用心に用心を重ねて、

"少なくとも年内はもうこんなことになりたくない!"

と言っても、これも今年"3回目"だ。


こんなのもう誰も耳を貸さないだろうが、

2度あったことはもう3度あった訳だし

天にだけは届いて欲しい!

としか言えない。

トホホ(;´д`)。

負けないことだ!(僕が)

今日は(日)でまた暇だけど頑張ろう!


そして・・・・・・、

長いけど渾身の作です。

------------------------------

------------------------------

【"superinspire"と私】-10

~各話-まとめ版①~⑤~


①【京都、正月、故障の話】

~人馬一体感!?~

いつだったか全然覚えていないが("ザウルス"には記録有り)、ある年の正月、当時住んでいた三重県から学生時代の京都市へ車(="superinspire")で遊びに行ったことがある。(数名で現地集合)

現地では、僕の車を足にして行動する予定にしていたところ、京都市へ到着して一晩寝たら翌朝、ギアが入らず車が全く動かせなくなった。クラッチのオイルが全て抜け落ちていたようだ。

友達らからは「おい!正月やぞ!どないすんねん!」と怒号を浴びるも、修理するより他にない。

任意で入っていた"おクルマ救急隊"に連絡し応援を要請するも、時は正月の02日。なかなか来る訳がない。

でもワザワザ滋賀県から車屋さんが来てくれて、半日掛かるも何とかなった。


ところが、修理は完全でないから、その後はクラッチを踏んで空気を貯めて圧を高めてからギアを入れるという、"セナ足(?・・・ではない!)"みたいな運転になった。

運転しながら"人馬一体感"を得て楽しかった/危なかった。

現地の予定をこなしつつ、よく無事で帰って来られたものだと後から胸を撫で下ろした。

・・・・・・ということがあった。


②【タイヤ、ホイールの話】

~「車長持ち」が一番~

僕の"superinspire"歴の割りと早い段階で、元々付いていた純正ホイールの劣化が激しくなったので、市販のホイールに換えることにした。

ただ、僕の車(="superinspire")のタイヤは、195/65/R14というサイズで、14インチのホイールなんてほとんど軽自動車クラスだった。("superinspire"は2000ccのセダン)

軽となると今度はタイヤ幅/195cmに合うものがない。

当時流行り出した"インチアップ"も考えたが、懇意にしてきたガソリンスタンドの方によれば、

◇「売り出し時のサイズが一番長持ちする設定」

と言われたのを重視し、"14インチ"で見合うホイールを探すことにした。

探すのは実に大変だったが、探した店舗さん(ABs鈴鹿)の努力のお陰で何とかなった。あの方の事は忘れない。


後にも先にも「車長持ち」が何よりも最優先だったのだ。


③【ライブ、オーバーヒート致命傷?の話】

~致命傷に一番近かった故障~

ある日、当時住んでいた三重県から名古屋市まで、楽器店(名古屋パルコ内)主催のアコースティックギターライブに出演することにしていた。

事前のリハーサルに向かうべく"superinspire"で高速道路を使い現地に向かっていたところ、蟹江ICに近付いたところで、エンジンの温度計がレッドゾーンに入りかけていることに気付いた。

"爆発(?)"しては具合が悪いと、スピードとエンジンを弛め、何とかたどり着いた蟹江ICで一旦降りることにした。

すると、具合良く料金所を過ぎたところでエンジンが完全に停止した。

ライブも大事だが、車("superinspire")も大事なので、放ってはおけず、レッカー車を手配して一旦三重県の懇意にしていたHONDAのディーラーまで引き返した。


そこで分かったのは、ラジエターにつながるホースが劣化して完全に穴が空いていることだった。

「こりゃ、エンジンに水が入っていたら車はダメかも知れない」と言われてヒヤッとした。

結果、エンジンに多少の水は入っていたようだが何とか――エンジンが点火し出力が正常――車("superinspire")は助かった。

数ある故障、磨耗、劣化歴の中で一番致命傷に近かったのはこの一件だったように思う。


それから、先のライブについて。

楽器店に電話し、

◆「大変申し訳ないのですが、カクカクシカジカの理由で今回は欠席で願います。申し訳ありません!」

◇「ご事情は承知致しましたが・・・私は待ってます!」

◆「『待ってます』・・・・・・!?!? 」

◇「では、後程・・・。」

ガチャッ、プープープー。

結局電車で急いで向かい、何とか本番に間に合い、リハーサルはすっ飛ばしてそのまま本番に臨んだ。


"superinspire"の一大事、リハーサルなし、と、心中穏やかでない中、ライブ(30分の出演)はとても上手く行った。


練習は当然"必須"だが、

"直前"に関しては、変に周到に準備するより"勢い"の方が上手く行くのかな?なんてことを思った一件だった。


ただ、"superinspire"が助かっていなければこうは行っていまい!


④【車検、サスペンション交換?の話】

~後の来るべき"致命傷"に備えて~


ある年から車検は毎度25万円もかかり出すようになった。

各部の劣化が激しかったからだ。

でも、HONDAのディーラーさんからすれば、本当は"それ以上"なのに、「もう25万円でいいですわ」としてもらっていたのだった。

※→4回出せば車が買える→こういう計算は正しい会計ではない!


そしてある時、車のサスペンションを交換したいと考え出した。

特に冬、地面からの振動が直に伝わり"乗り味"が硬かったからだ。

するとHONDAディーラーの工場長さんは、

◇「お話は嬉しいのですがお費用が・・・。」

◆「それはやむを得ません。"superinspire"には替えられません。」

◇「その費用をお考えなら、近い将来起こり得る"致命的な故障"に備えられた方が・・・。」

更に・・・、

◇「サスペンションなんて、"乗り心地"だけの問題で、お車の"寿命そのもの"にはほとんど影響しません!」

と。


先にも触れた通り、"車の寿命"が何よりも最優先だったので、工場長さんの仰ることも一理あるとしてサスペンションの交換は取り止めた。

・・・その数年後、工場長が仰る"致命的な大事件"が起こったのだった。→予告次回【2008年の出来事】へ


⑤【(追加)被-当て逃げ事件の話】

~縁のある駆け込み寺(?)~

ある時、電気量販店に行って駐車場に車("superinspire")を停めておき、用事を済ませて店から戻ってみたら右リアタイヤ上に大きな凹みがあった。


明らかに当て逃げだ。


そんなこともあろうかと、普段からワザワザ遠目の位置に停めていたのに!


想像するに、"犯人"は、一時的に立ち寄って、僕にぶつけるだけぶつけてすぐに立ち去っていった状況に見えた。


如何なる経緯があろうが、僕の"superinspire"が凹んでいる事実は揺るがない。

相当なショックと怒りに震えたが、直すより他に手がない。


そこで、手負いの兵が如く前(-07、-08にて)に触れた板金屋さんにヒヨヒヨと駆け込み状態を見てもらった。

凹みの修理と塗装で"15万円"という見積もりをもらった。

僕の車両保険の免責が "10万円"だと言ったら、「じゃ10万円でやりますわ!」としてくれて、保険の範囲で元通り+αになったのだ。


例の"手紙"の件が効いていたのだろうか?

だとすれば"恐縮+申し訳ない  & ありがとうございました!"の話になった。


まとめ版は以上です。

・・・・・・続く

→壮大なるエンディングへ!













|

« あれから1週間と病院の土日~【"superinspire"と私-09/途中経過と今後の予定】~ | トップページ | 早く退院しよう。やりたいことたくさん! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

"superinspire"と私」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれから1週間と病院の土日~【"superinspire"と私-09/途中経過と今後の予定】~ | トップページ | 早く退院しよう。やりたいことたくさん! »