« “我流”と“前のめり”への警告としての考察 | トップページ | 「スマホ依存」はもはや“生活”!? & 目指す回復に向けてまたまた火を点けて。 »

2019年9月18日 (水)

どこに何が転がっているか分からないからこそ・・・。~日々の思考と無心と意識の連鎖??~

今日は09月も18日で水曜日。

やったぜ。水曜日と言えばリハビリデイサービス!


先週は病院受診(定期受診)で休んでしまい残念だった。


(水)としては半月振りになる訳だから頑張って行きたい。



で、いきなりだが昨日の施設のリハビリがとても良かった。

昨日の朝にも予告した通り、セラピスト先生にお見せしたいとしていたものを発揮することが出来て少し驚いてもらえた(^^)v。


驚いてもらえることが目的ではないが、そんな反応を得られれば先ずは嬉しい。


それもこれも、普段のセラピスト先生のお教えと(自分で考案した)その発展型、日々「リハビリ自主トレ」での様々な試行錯誤、

それにリハビリデイサービスでの「平行棒」から得たヒントが大きい。


そういう意味でも今日のリハビリデイサービスがとても楽しみだ。


歩きの訓練については、一時“停滞”を感じてみたり、途中で不本意な“留守”があってみたり、何となくうやむやなままにボワーッとしていたものがちょっと晴れた気がする。


この感じ、傍目から見る分には“劇的”に変わっていないと思うが、僕の中ではか・な・り大きい。


もちろんこれで何かが完成した訳ではない、ある訳がない。


でも、次に繋げる重要なステップを踏んでいる気はする。


あまりハードルを上げてしまうと次が書き難くなるのでほどほどにしたいが、

この場合は“天然足”云々のように、どこかに負担をかけたり、痛める不安があったりするものではなく、

あくまでもイメージと感覚と実際のことだけのものなので、積極的に畳み掛けることは可能だ。


今日の「リハビリ自主トレ」もそう、リハビリデイサービスでもそう、その後の「日常の歩行器トレ」でもそう。


今掴みつつある感覚をもっともっと高めて自然、ひいては無意識の範囲に持ち込みたい。


そして、今取り組む様々なことがそれぞれに連鎖している感じもする。(意識の上でも)


Aを成そうと頑張ったらついでにBが出来て、更にCに気付いてDが出来る、ではないけれど、前にも書いたことがあるように、どこに何が転がっているか分からない。


その何か転がっているものが求めているものだとして、それだけを求めて動いてもなかなか遭遇はしない。


努力が大事、失敗も大事、継続が大事、といったようなことは、“こんにちは”みたくどこか慣用句であるかのようによく言われるが、これはやっぱり本当だ(と思う)。


先人の偉人達の大発見(エジソン、ファーブル、フランクリン、アルキメデス・・・イカン、他にもっとあるのに今思い浮かばない(>_<))も、執念で様々なことを繰り返した結果“たまたま見つけた”、といったようなことはよく聞く。

(最近の日本人のノーベル賞受賞者の話でもそうか。)


それとこれとが同じとは口が割けても言えないが、「類するところは同じ」としたい。


結局は、いつもの通り何かを考え(思考し)ながら常に”無心”で取り組めということか。


何だか、何か大きなことが出来たかのような言い口でいけないのだが、気持ちとしてはそんなのものに近い。


でも、実際は、成したいことの入り口の入り口を見つけただけのようなものなので、ここからも先に書いたことの繰り返しだ。


何だか知らない間に話が仰々しい方向に振れてしまった。


でも、これはブログとは称せ、ほとんど日記みたいなものなのでどうぞご容赦下さい。


これから先、もっともっと苦難難題が待ち受けていることは分かっている。


でもそれを打破するのは先に書いたようなことだと思う。


イカン、もうこんな時間。

時間がなくなってきた。


もう少し上手くまとめたい気がするがこれ以上は無理だ。


これで良かったのかな?

また明日フォローしよう。


といったところで今日も頑張ります!














|

« “我流”と“前のめり”への警告としての考察 | トップページ | 「スマホ依存」はもはや“生活”!? & 目指す回復に向けてまたまた火を点けて。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “我流”と“前のめり”への警告としての考察 | トップページ | 「スマホ依存」はもはや“生活”!? & 目指す回復に向けてまたまた火を点けて。 »