« やるべきことをキチッとやってあとは時に任そう。でも、“TIME WAITS FOR NO ONE”~それに今日のコレ(“左足”)とアレ(VE)~ | トップページ | “右”天然足の軽い衝撃とデイ/新PTさんへの期待(楽しみ)、そして何があっても「日々実直」に変わりはなし! »

2019年9月 6日 (金)

昨日のコレとアレ。結局どう振れても「日々頑張れ」ということ。

今日は09月06日金曜日。

それにしてもいつも金曜日が来るのが早い。(いつもと何も変わらん!気のせい。)

まあ、いい。


さて、今日触れたいのは昨日のコレ(“左足”)とアレ(VE/嚥下の内視鏡検査)のこと。


①先ず左足「“天然足”チャレンジ」。


左足の天然足(足の装具を外すこと)にはかなり問題があるものの、何とか無事にトレーニングが出来た。


一番恐れていたベッドへの臥床(戻る)も何とか一人で出来た。

(“臥床”は自立なので恐かったけど自分なりに工夫した。)


問題はあっても、昨日のように出来るのならまたトレーニングを始められる。


改めて日々左右交互だ。

(天然足トレは朝のみ)

(「リハビリ自主トレ」としては朝・昼・晩)


だから今日は右足で明日がまた左足。

こうすればそれぞれ1日休みを入れられるので良いかも。


左足の問題をなくそう(右足と同じに)と思えばそれ相当の時間と試行錯誤が必要になりそう(現状何ともならん)だが、取りあえずスタートラインに立てたのは嬉しい。


それもそうと今日の“右足”頑張ろう。


右足は「年内に装具を外す」といった壮大な目標を掲げているので、具体的である分より大変と言えるかも知れない。


まだ時間は4ヶ月近くある。


実現を“本気”として頑張ろう。

(出来たらいいな~ではダメ!)



そして昨日のもう一つ。


②VE(嚥下の内視鏡検査)。


検査では、耳鼻科の先生より

「何故誤嚥したの?」

と言われるほど検査の状態は良好だった(ようだ)。


何故?と言われても、誤嚥性の肺炎で今年既に3度も入院に至っている事実は揺るがないのだからこの評価はある意味“切ない”。


でも、評価が良好であればそれは悪いことではない。


ただ、検査がいくら良好でも、検査は日常ではないので、引き続き注意-注意-注意・・・だ。


入院だなんて、正味なところ本当にもうゴメンだから、よくよく気を付けたい。


問題は、昨日の検査で、

「“誤嚥”は食事によるところでないかも知れない」

とされたから困惑する。


4年前の重度の肺炎治療の際の“気管切開”の後遺症か、「喉が弱っている傾向はある」とされた。


こうなってくるとどうしていいのかホント分からなくなる。


自分では入院を余儀なくされるほどの誤嚥をした認識は全くないのだ。


うーん、正に“vs見えない敵”との闘いだ。

何にしても360度注意・・・としか言いようがない。


辛い・・・疲れる・・・・・・でも仕方ない。


これはサダメだ。


乗り越えよう!


と言ってもこれはエンドレス(*_*)。

負けちゃいけない。


取りあえず過去2回の経験上、“デンジャラス地帯(?)”と言える「退院後70日」付近(=11月初)を越えたい。

――これは“毎日の繰り返し”の結果で――


となればそれまでに“備え”として体力的なアドバンテージも稼いでおかねばならない。


もちろん、決してまた入院することを前提にしているのではない!マジでマジでマジで。

何があってもいいような備え、いわゆる転ばぬ先のナンとやらだ。


それはそれで良いでしょう。


ここで稼げば当然通常の助けにもなる。


何にしても「日々頑張れ」ということ。

分かりやすくていいな。


どう振れても行き着く先は同じだ。


やれやれ。


ということで

今日も当たり前に頑張ります!


























|

« やるべきことをキチッとやってあとは時に任そう。でも、“TIME WAITS FOR NO ONE”~それに今日のコレ(“左足”)とアレ(VE)~ | トップページ | “右”天然足の軽い衝撃とデイ/新PTさんへの期待(楽しみ)、そして何があっても「日々実直」に変わりはなし! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やるべきことをキチッとやってあとは時に任そう。でも、“TIME WAITS FOR NO ONE”~それに今日のコレ(“左足”)とアレ(VE)~ | トップページ | “右”天然足の軽い衝撃とデイ/新PTさんへの期待(楽しみ)、そして何があっても「日々実直」に変わりはなし! »