« 2019年10月10日 (木) | トップページ | 2019年10月12日 (土) »

2019年10月11日 (金)の1件の記事

2019年10月11日 (金)

「根性論者」の悲しみ(>_<)~やむ無く“軌道修正”とせざるを得ない話~

今日は10月11日で金曜日でCD82。


今日は(金)だから緩急の“緩”となるところだが、

そんなことより昨日とても悲しいことがあった(ToT)。


と言うのも・・・、

今取り組む“天然足トレ”について、足元を整えるべくリハビリ用の靴を新調しようと昨日装具のメーカーの担当者さんにお越し頂いた。


そしていざ靴のフィッティングをしてみたら、担当者さんよりおもむろに「まだ早いのでは・・・」と言われてしまった。

靴を新調してトレーニングを強化するつもりでいたのだ。


「まだ早い」とされたのは、靴を履いた状態(装具を外した状態)で立ち座りの状況を見てもらったことからだ。


膝がこう、踵がどうと説明をされながら、結局のところ今回は見送りとせざるを得なくなった。


そもそも、足が捻れて靴の履き脱ぎ自体も上手く出来なかった(TT)。

(今の靴はサンダルみたいな簡単な靴なので履き脱ぎに苦労しない。そこを“しっかりした靴”にしようと考えていた。)


そして、今の状態で僕の考える“天然足”トレーニングをやり過ぎると、逆に足を余計に変形させかねないとも・・・。

(この説明をしっかり受けた)


確かに、このところ、

「思うように行かんなあ」という不穏な心当たりを感じてはいた。


それが、靴を新調しようとしたことで明らかになった格好だ。


今のトレーニングは、信頼する施設のリハビリのセラピスト先生から元々「時期尚早」とされていたところを僕の判断で黙ってやっているようなものだった。


僕はどちらかというと「根性論者」で、

「根性」で何とかすれば何とかなると考えるところがある。


今回にしても、僕がこう思うからこうする。

最初は難しくても「根性」で乗り越えれば何とかなるとしていたものだった。


昨日のメーカーさんはリハビリのセラピストではないが、その筋の専門の技術者さんだから間違ったことは言っていないと思う。


昨日は「やりたいようにやらせてくれ」とまで豪語していてのにあっさり軌道修正だ。


またまた昨日の話ではないが、やっていることに間違いがあったり、無意味(更には逆効果)であればそれは素直に受け入れなければならない。


もうここは「根性」で言い張る場面ではないと思われる。



改めて施設のセラピスト先生とよく話をしたいところではあるが、

残念ながら、

年内に「右足の装具を外す」

は一旦取り下げざるを得ないと思う。

(あくまでも“一旦”)


ここで「年内」に拘れば、それこそ「無駄な焦り」になっていたたろう。


しかし、たとえ「自分の(素人)判断」とは言え信じていただけにショックは大きい。


でも、間違いなくマイナスになりそうな話なら受け入れるしかない。


この辺についてまだまだ思うところはあるが、

ショックだけどとにかく軌道修正だ。


そんな昨日だったのです。


こんなことも踏まえながら

今日は今日で頑張ります。


(火)になるけど、施設のリハビリのセラピスト先生とこの辺についてよく話し合いたい(TT)。

それにしてもショック(>_<)。















| | コメント (0)

« 2019年10月10日 (木) | トップページ | 2019年10月12日 (土) »