« “年越し”に思う、と今日のこと | トップページ | <かも>×4。今日も“それなりに”頑張ろう。 »

2019年11月26日 (火)

問題解決に着手、“左足矯正”の話。

今日は11月26日で火曜日、CD36。


火曜日だから今日は“緩急”で言えば“緩”の日だ。


一旦(火)になった施設のリハビリはまた都合で(月)になった。


その昨日の施設のリハビリは、装具に関するメーカーさんとの打ち合わせに充てがうことで終わった。


大事なリハビリが飛んでしまったのは残念だったが、それよりも昨日の打ち合わせには意味があったと思うから良しだ。



その打ち合わせでの話、

問題の装具――本当に問題があるのはワタシの足→※――のカスタマイズの都合で左足の装具は(水)まで預けることになって戻ってくるのは(木)の予定だ。


※→足首から先が片麻痺の都合でねじれている。

→装具を装着して動くと足が痛くなるようになってきた(>_<)。

→本当は足首だけのものではなく膝から関わってくる状態にあるが・・・。


左足については、装具でもなければ全然上手く動かれないので「リハビリ自主トレ」も「日常の歩行器トレ」も装具が戻ってくるまでは休みだ。

(ギコチナイ左足靴(=天然足)で可能な範囲で代替えははする)

装具がカスタマイズされて戻ってくるのが楽しみだ。


ただ、一番の問題はワタシの足そのものだから、装具をカスタマイズすることでことを解決してしまってはいけない。


ということで、(天然)足にも柔らかい装具を装着して“矯正”を図ることになった。


これは基本的に就寝中に施すもので、昨晩初めて装着して寝たのだが、足が痛すぎて夜中目が覚めて、途中で外すことになった。


それだけ、寝ていると天然足が“矯正”に負けているということだろう。


これだけでも“効いているんだな”と思える。


矯正に負けっぱなしでも具合が悪いので、今日日中から装着して慣していこうと思う。


これでキツかったり痛かったりすることがなくなるのを目指したい。


何でもっと早くこうしなかったのだろう?

いやいやいやいや、そういうことは言わない。

――過去はもう済んだ話――


今から始めるのだ!



・・・・・・、これで、“装具”と“天然足”の両面からアプローチして問題→※を解決させようということになった訳だ。


※問題→左足の足首から先がねじれているので、装具を装着しても足の一部(外側のくるぶし付近)が装具に当たってとても痛い。→リハビリに支障がある!


実はこの問題は以前から“軽く”あった。


でも悩むほどでもなかったので、結果「放置」になっていたのだ。

そんな中、とうとう痛みだして、リハビリの先生に訴え相談し、今回の措置を提案してくれたいつものセラピスト先生には大いに感謝したい。


これがいつ効いてくるかは分からない。

でも「放置」よりは間違いなくいい。


いつか分からないけど、今回の措置が効いてきて諸々の進展に繋がることに期待したい。



・・・、ということに始終した昨日でした。


今後の動向が楽しみ。


としたところで今日も頑張ります。






















|

« “年越し”に思う、と今日のこと | トップページ | <かも>×4。今日も“それなりに”頑張ろう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “年越し”に思う、と今日のこと | トップページ | <かも>×4。今日も“それなりに”頑張ろう。 »