« 「まだ」vs「もう」・・・。疲れようが疲れまいがワタシにとっての今年は“そういう”年。 | トップページ | 「リハビリデイサービス」と「寝返り訓練」について。 »

2020年2月 4日 (火)

リハビリは成果/結果が全て。(当たり前以上に当たり前!)~(追伸)【寝返り訓練】~

今日は02月04日火曜日。


いきなりだが、

昨日の施設のリハビリはとても良かった。

気になることをキチンと聞けて、非常に良いことを教わった。(ちょっとした工夫や知恵など)

聞けて良かった(^^)v!と思った。


近くにこんな先生がいてくれることは本当に頼もしく実に有り難い。


ただ、今は“リハビリ病院”ではないので、常に身近で先生らと話せる環境にある訳ではない。

週に一度しかその機会がないのは辛いところだ。

(現状“週一30分”のプログラム)


普段はたまたまの機会を除けばほとんど会えない。

仮に会えても時間は取れない。

自分から訪ねて行かれればいいのだがそれは無理(>_<))


でも、その分必然的に「自分で考える」ことになる機会や時間が増えるのは良いのか悪いのか・・・??

(そうするしかない)


何にしても成果/結果が全てだ。

――何も得られなければ全てが「無」――


プロセスに価値を感じたり、(下手に)楽しんだりする余裕など全くない。


ワタシのやる「リハビリ」については、何かの「運動部(?)」のようなものとは“質”が全く違う、と考える。


例えば、

野球で「バットの素振り3000回やりました!」、

水泳で「10,000(10km)泳ぎました!」、

コルフで「打ちっ放しで1000球打ちました!」等々に類するものとはまるで意味が違う。


キビシー!!

でも実際そうだ。


この辺もよく考えたい。



(追伸)


【寝返り訓練・・・「その間何するか!?」】


このところ記事にしている「寝返り訓練」は“リハビリ”としてとても期待が大きい。

これに関し昨日の施設のリハビリでまた一工夫+知恵を授かれたのはとても良かった。


具体的に大きな成果を実感するに至るにはまたまだ時間を要しそうだ。

負けずにしっかり頑張りたい。



しかし、これ、“頑張る”と言っても横向きに「寝返るだけ」だから結構キツい。


筋トレか何かでバーベルでも持ち上げれば「やってる感」が得られて良さそうだが、それとは違う。

“ぶら下がり健康器”・・・にも及ばない。


現状一日のノルマ「30分×5セット」とするなら、「その間何するか!?」だ。

(出来ればもっとしたい。)


毎回ぐーぐー寝られればそれもそれで良かろうがそうとも行かない。

(そんなに寝られない!時間もモッタイナイ。)


そこで、その間一部、今年のNHK大河ドラマの「麒麟がくる」を見ることにした。

(録画で見る。“オンタイム”の間は別のことがしたい/している。)


これについては色々書きたい。


よって

続く・・・。

























|

« 「まだ」vs「もう」・・・。疲れようが疲れまいがワタシにとっての今年は“そういう”年。 | トップページ | 「リハビリデイサービス」と「寝返り訓練」について。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「まだ」vs「もう」・・・。疲れようが疲れまいがワタシにとっての今年は“そういう”年。 | トップページ | 「リハビリデイサービス」と「寝返り訓練」について。 »