« やりたいことたくさん。いつも時間がないと“みなして”。 | トップページ | ちょっと疲れぎみ。 »

2020年2月11日 (火)

痛くなってきたから“少し”休み。~“やりません”を“やります”~

今日は02月11日火曜日。


いつの間にか02月も既に1/3終わった。

今月もどんどん行かねばならない。

(感覚的に時が止まって欲しいが・・・。)


とするところ、ワタシの体は今あちこちが筋肉痛だ。

特に背筋がキツい。


昨日の施設のリハビリで、セラピスト先生が仰せられるところ

「いい傾向」

としてもらえたが、ここまで痛いなら少し休みを入れた方がいいかも知れない。


ワタシの子供の頃は、例えば野球部でバットを振って筋肉痛にでもなれば

“筋肉痛が取れるまで振れ”

とされていたが、今は違う。


筋肉痛ななってのであれば、一旦休んで痛みを取って、それからまた改めてやり直すのがいいと言われる。

――いわゆる「超回復」――


これでもワタシは一応“元アスリート”なので、その辺はよく分かっているつもりなのだが、今において休みを入れるというのは少々勇気がいる。


確かに、かつてマスターズ水泳に必死だった頃、練習でどこか痛くなって、少し休んでまたやり直したら、前より“心地よく”馬力が出せるような感覚を得た経験はある。


ならば少し休むか。


“三つ子の魂”的にはそれでもついガンガン行きたくなってしまうのだが、それが良くないことはよく分かっている。

休ませることでその後心地よく馬力が出せた経験もあるのだ。


となれば少し休むしかない。


と言っていきなりこれまでの“ガンガン→0”も良くない。


休ませるなら休ませるで、どこまでそうするか?は考えるところだ。


今はアレにコレにと色々やっている。


そのうち、やりながら特に痛みを感じる動きについて今日明日辺りは一旦やめてみようか。


そこから先は様子見かな。


どちらかと言うと“古風(?)”な根性論者のワタシ。


なかなか“今風”になれないモドカシサもあるが、今やっていることは「趣味」ではない。


「実」を取らなければ話にならない。


こうなってくると多少“辛くても”

「休むべき」となってくる。


・・・、


誰に見られている訳でなくても、ここでこう書けばそれなりに自分にプレッシャーか制約のようなものを感じる。


であればこれも決して無意味ではなかろう。


ということで今日は上に書いた通りに過ごすことにします。


出来るかな?

いや、やります。

(“やりません”を“やります”の意)


変なの。


以上です。




















|

« やりたいことたくさん。いつも時間がないと“みなして”。 | トップページ | ちょっと疲れぎみ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やりたいことたくさん。いつも時間がないと“みなして”。 | トップページ | ちょっと疲れぎみ。 »