« どちらにしても「自助努力」。 | トップページ | 「甘え」は排除! »

2020年5月18日 (月)

今何が一番重要か・・・「選択と捨象」?

今日は05月18日月曜日。


しかし、1週間は早い。

と言って“絶対速度”は皆同じ。


これは感じ方の問題。

いつものことだ。



さて、日々リハビリについて色々なことに悩み思案する中、昨日たまたま“異例”なことがあった。


と言うのも、

普段は午後イチ定番の「日常の歩行器トレ」の後、ベッドに1時間ほど戻ってから夕飯とするルーティンなのだが、

昨日は都合でベッドに戻ることが出来ず、「日常の歩行器トレ」の後ずっと車イスに乗ったまま続けて夕飯となった。


すると、夕飯時体の疲れ方が明らかに違った。


たとえ1時間でも一時ベッドに戻るか戻らないかで状態が大きく変わることを知った。


リハビリの先生からは「出来るだけ長く車イスに座れ」と言われている。


そのベッドに1時間戻った時もベッド上でワタシなりにリハビリ(腕のリハビリ)をしているのだが、車イスに出来るだけ長く座ることを考えたら、これもやめた方がいい(逆に出来ない)ということになる。


どちらを優先するか?で考えたら、今は「車イスに長く座る」ことを優先すべきと思えた。


すると今度はベッドに一時戻った間にする「腕のリハビリ」が出来ないことになる。


やはり、「全部をこなそう」と思えば明らかに時間がない。


となれば、「より重要」なことを優先するしかない。



「“何をしないか”は、”何をするか”と同じくらい重要」と言った人もいる。

(by スティーブ・ジョブズ)


昨日たまたまの出来事で、「車イスに長く座る」を優先することで、「ベッドに戻らず腕のリハビリをやめる」・・・、

それがこれか、と思った。


腕のリハビリも、“それはそれで重要”と捉えているが、「より重要」なことを優先するなら「やめる」ことが重要と思える。


これら諸々を総合すると

「とにかく時間がない」

に行き着く。


「いつもはこう」といったルーティンを根本から見直す必要があることを思い知った昨日だった。



本当はこの辺について、誰かに読んでもらえてもちゃんと伝わるようにしっかり書きたいのだが、次の行動を思えば時間がない。


だからここで終わります。


とにかく日々時間との闘いだ。


そして今「何が一番大事か」・・・、


「選択と捨象」


をして今更でも全体を大きく見直さなければならない。


ということを知った昨日でした。


今日も頑張ります。

















|

« どちらにしても「自助努力」。 | トップページ | 「甘え」は排除! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どちらにしても「自助努力」。 | トップページ | 「甘え」は排除! »