« 大事なのは気付けること≒変化すること(?) | トップページ | 創造力を膨らまそう。 »

2021年1月 6日 (水)

今に「慢心」することなく。

今日は01月06日水曜日。


昨日はなかなか充実していた。


昨日はこれまで何度も書いた、楽しみにしていた先生に付いてもらえるリハビリ→※があった。


※リハビリ→PT/理学療法/下肢/足/すなわち歩き


前回から1週間以上空いていたのにワタシの程度はほとんど落ちていなかった。

ホッとした。


今の先生はワタシと歳がそれほど変わらなさそうなオッサンなので、相性とかどうかな?と初めは少し警戒(?)していたのだが回を重ねる毎にいい感じになってきている(と思う)。


先生の指導とワタシが目指したい方向とのベクトルが合っている感じがするので、やっていてとても心地いい。


また、先生はリハビリの“試技”の最中ワタシの動作を細かく監視、チェックしてくれる。(ここがこれまでとの大きな違い/前はそう出来る環境そのものがなかったから仕方なし/きっと前の先生もこんなリハビリかしたかったはず(これは不明だが))


それによって日常的な「リハビリ自主トレ」→※におけるヒントも得られる。


※→「リハビリ自主トレ」は完全にワタシの習慣。

リハビリの時間(週2、各40分)でワタシが目指すところ全てを賄えるとは到底思えないから「リハビリ自主トレ」は必須(と考えている)。


現状、ワタシが求めている「脳梗塞に特化した先進的なリハビリ」、ではないと思うが、ワタシ自身にまだそれに見合うだけのポテンシャルがないと思うので今は今のリハビリに集中して愚直に取り組みたい。


これまでのことを振り返れば思うことが多々あるのだが、それを今グチグチ言っても仕方ないので割愛します。


「自分にとっての『時』」とはすなわち「今現在」としたい。


◇◇◇

昨日(火)の場合は昼一のPTリハビリに続けて医療マッサージもある。


こちらは医療マッサージにありながらOT(作業療法/上肢/すなわち手・腕)リハビリの要素も含めてくれているのでとても有り難い。


OTのリハビリこそ自ら行う日常的な「リハビリ自主トレ」が重要、とこれまでのリハビリ経験で心得ているつもりだ。

この時間に様々なお教えを享受出来、様々なヒントを得られるのがとても嬉しい。


昨日書いた腕がどうのこうのの話もここで得られたものが起点になっている。


◇◇◇


下肢(足)にしろ上肢(手・腕)にしろ、成果なんてものはまだまだ出るはずないが、かねてより「こうしたい!」と思っていたものが叶えられつつある感じがしてとても嬉しい。


成果を急がず(成果に焦らず)じっくり行きたい。



今のように先々について少しでも好転させられそうな感触を得られれば「急ぐな(焦るな)」を素直に受け止め、自分でもよく考えながらじっくり行けそうだ。


年内の転居構想時は転居先として適当な空きがなかったため「越年?」の可能性と恐れがあったが、

いざ年を越してみて、まさか今こうなっているとは思いもしなかった。


「先々のことは分からない」と普通にあちこちで言われるが、本当に分からないものだ。


今はたまたまこんなことを言っていられるが、

これだっていつまで言えるか分かったものではない。


この辺は己の心持ちによるところが多分にあるはずだ。


ワタシ自身今に慢心することなく日々と真摯に向き合いたい。


・・・と思っています。


以上です。







|

« 大事なのは気付けること≒変化すること(?) | トップページ | 創造力を膨らまそう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大事なのは気付けること≒変化すること(?) | トップページ | 創造力を膨らまそう。 »