日記・コラム・つぶやき

2018年5月24日 (木)

「ある」よで「ない」よで、実は結構「ある」のが時間!~「期限のない仕事は仕事じゃない」の考え→一番恐いのは「なし崩し」のままの「伸び伸び」!~

今日は05月も24日で木曜日か。

昨日は雨で気温も低かったが、今日は打って変わって予報ベースでは最高気温「29℃」と言っている。

夏だ。

と言って、来週からは06月に入る訳だしそんなもんと言えばそんなもんか。

しかし、06月だなんて恐いよな。

アカラサマに今年の中間地点に当たるし、僕個人としては、「08月末」は「歩行器」を手配して「自主トレ可」(最初は介助か見守り付き)とせねばならない「期限」になるので、うかうかしていられない。

昨日はリハビリデイサービスだったが、歩きのポテンシャルとしてはまだまだかなあ。

「期限」まであと3ヶ月・・・。

逆に、3ヶ月前の当時と今とを比較したら、そりゃ相当進展もしていると思うが、
当時からの今と、今からの3ヶ月後は同じには出来ますまい。

真っ白なキャンバスであれば画も描きやすいだろうが、ある程度描き進められたところに筆を加えようと思えば、色々考えもすれば苦労もするだろう。

良くも悪くも言うなれば今はそんな感じ??
少なくとも悪くはないか。

「平行棒」のようにしっかり荷重をかけられるものを相手にすれば「歩き」も出来るが、不安定な「歩行器」ならば如何なものか。

「歩行器」について、施設のリハビリで、その筋の専門家が付いてくれていれば訓練にもなるが、そうでない場合はどうなのか・・・。

この「歩行器」について、初期の段階として目指すところは、付いてくれる人が「誰でもいい」となることだ。

でなければ「自主トレ可」にはならない。
「歩行器」の選定も手配も出来ない。

焦ってはいけないが、もし「期限」に間に合わなければ、なし崩しのままに「伸び伸び」になりかねないと僕は思っている。

かつて「期限のない仕事は仕事じゃない」と教わった。

この文句は当時「いい言葉!」と思って、僕の中に甚く染み入るものがあり、今でも大事な考え方の一つになっている。

体のリハビリなんて、悲しいもので、「やればやっただけ」、とか、「思いが強ければ」のようなものに比例しないと思われるのが辛い。
(それで叶えば誰も苦労しない!)

でもでもでも、どこかで振り返ったとき、その時の状態は、やはり結局のところ「そんなもの」に則しているはずだから、詰まらないことを言っていてはいけない。

焦るのではない。
「日々を無駄にしない!」なのだ。
くどいけど。

昨日はようやく腰の辺りの痛みが引いた。
「痛みが引いてあと1日」なんてことも言われるから、昨日はやむなく徹底して「リハビリ自主トレ」は自粛した。

でも、リハビリデイサービスはしっかり頑張った。
特に腰の辺りに負担をかけることはなかったと思うのでまあ良しだ。

今日からは「リハビリ自主トレ」にも復帰する。楽しみだ。

新開発の「リハビリ自主トレ」がかなり利くことは今回のことでよく分かったので、また状態を見ながら目指すところ目掛けてどんどん高めて行きたい。


あるようでないのが「時間」、

ないようで実は結構あるのも「時間」、

結局は捉え方、使い方次第で、本来何も変わらないはずのものが長くなったり短くなったりする(のか?)。要は自分次第!!

大事なのは「焦らないこと」、「無駄にしないこと」だろう。

この辺時々書いて思い出して自分に言い聞かそう。(こんなの間違って読まれた方には恐縮ですが・・・。)

さあ、今日からは「リハビリ自主トレ(「廊下での立ち座りの自主トレ」)」もまた元に戻すしワクワクするな。

今日も一日頑張って行こう!!

こんなところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

「成功体験」vs「失敗体験」~新しい知恵や工夫を生むために~

さて、今日は05月も23日で水曜日だ。

水曜日と言えばリハビリデイサービス。

今日は早い時間の回だから踏ん張って行かねばならない。

お迎えが8:30で、現場着が9:15(辺り)、そこから10:00まで待ち、体操等々のプログラムが10:00~12:00、内、特に 目的とする平行棒トレが11:40~12:00そして施設への戻りが12:30辺り・・・。

現場の滞在はざっと3時間くらいで、これはこれで結論キツい。

何がキツいかと言えば、車イスに座りっぱなしなのがキツい。
でも、普段の施設にいればこんなことはないので、週に一度くらいは貴重な機会として受け止めねばならない。ただ座っているだけでも良いトレーニングになるとされるのものだし。

でも、考えてみれば、今はかつて感じたほどのキツさはないかも知れない。
むしろ、座っているキツさよりも、両足に装着している装具で足が痛くなることの方がキツい。

でもこれも、テッドポイントからのカンドウインドではないが、痛くなってきたのを堪えて無視してそのままでいれば治まることも多い。

恐らく今日も施設に戻ってからはそうなるはずなので、これを踏まえて過ごしてみよう。


それより、問題は昨日も猛烈に痛かった腰の辺りがどんな感じかだな。

昨日はその痛みもいくぶん緩んだ感じがするので、今日はまあまあいいかも知れない。

痛みに対していけないのは立ち座りの動作なので、歩きの動作にはさほど影響しない。
立ち上がってさえしまえば後は何とかなる。
(月曜日はそれもだめだったが・・・。)

だから今日は、もしまだ痛ければ、立ち座りの場面だけは本来自力のところ「ヘルプ」願って、対処した方がいいかも知れない。

歩きの訓練だけはどうしてもしたい。

現状、08月31日を「歩行器自主トレスタート」とするなら決して余裕はない。

調子が良い良い、でどんどん前に進むのも当然いいが、「何がどう出来ないか」も知っておかねば何かの時に対処も出来ない。

大事なのは「成功体験」だけではないと僕は考える。
前向きな「失敗体験」だって必要なはずだ。

でなければ新しい知恵や工夫も生まれない(と考える)。

そのためには何事も積極果敢に機会を増やす必要があると思う。


固いことばかり言ってもアレだが、僕はそれほどまでに真剣なので、それを踏まえつつトレーニングをしたい。

それもそうと、やはり今日の腰の辺りの猛烈な痛みかとうか、だな。

まだ離床前なので分からないが、今の感じではかなり治まっている感じがする。

しっかり治すには「痛みが取れてからもう一日」何てことも言われるから、今日の「リハビリ自主トレ」もまた休みかな??

嫌だなあ。ガンガン行きたいのに。

その分、「ヘルプ」願えるリハビリデイサービスではしっかり頑張って来ようかな。

こんなところか。

さあ、今日も頑張ろう\(^-^)/。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

またまた腰の辺りが猛烈に痛くって (T-T)・・・。でも「あれからほぼ1年」の評価も得られて(^^)!

今日は05月も22日で火曜日か。

しかし、昨日という昨日は終日めちゃくちゃ調子が悪かった。

調子が悪かったと言うより、またしても背中の腰の辺りの左側が猛烈に痛くて、何ともならなかった(TT)。
それも前の日何ともなかったのに急に昨日から。

前々に予想していた通り、新開発の「リハビリ自主トレ」がかなり利いたようだ。

昨日のその前の日曜日は、半日外出した割には楽だったな、と自らの耐性(?)を自認していた(?)ばかりだったのに!

トレーニングの影響は数日タイムラグを置いて現れるのだ。何とも悲しい・・・。

この猛烈な痛みは、朝一の起居(僕の場合、仰向けに寝ている状態からベッド端座位まで)の段階で「今日は違う!」とすぐに分かった。

何とか立ち上がって体の向きを変えようにも「こりゃたまらん!」の状態で、昨日の「リハビリ自主トレ」はカットした(→することが出来なかった)。

それでも午前には施設のリハビリがあって、昨日はほぼ1年前に見てもらっていたセラピスト先生との久々のリハビリで、僕なりに当時からの進展をアピールしたくても、それがどうにも叶わないほどの腰の辺り猛烈な痛みで、やむなく昨日は車イスに座った状態でのリハビリとなった。

そこで、爪先上げとか、踵上げとか、股の開け締め、腕の回内、回外等々体各所の動きをチェックされたのだが、セラピスト先生は「すごい。感動する~」と言ってくれていた。

ほぼ1年前のその当時、全然出来なかったことが「出来るようになっている」とのことだったのだ。ついでに「しかも、こんなに早く」とも言われていたような・・・。

僕的には「ほとんど変わっていない」と思えるものでも、専門家に言わせれば「相当な進展(?)」と取れたようだ。

それをそうと受け止めるなら、それを成したのは、施設やリハビリデイサービスでのリハビリも当然あるが、ほとんどは「リハビリ自主トレ」の賜物に他ならない。

昨日は腰の辺りの猛烈な痛みのせいで「リハビリ自主トレ」はカットせざるを得なかったが、こんなセラピスト先生の反応も励みに、また状態が整えばしっかり「リハビリ自主トレ」に取り組みたい。

少なくとも来週の施設のリハビリでは、このところの調子の良さ(いや、実力)をセラピスト先生にアピール出来るようにしたい。

昨日は時間になって先生が立ち去られる時も「本当は歩けるのにぃ~」として昨日の無念をアピール(?)した。

アピール、アピールって、もちろんアピールすることが目的じゃなくて、そうすることで驚きの反応等々を得て(?)、自らのモチベーションアップに繋げたいのだ。

きっと驚かれるはずだから!


しかし、そんなこともありながら、昨日は腰でも痛めばこんなにダメなものかとほとほと嘆く一日となった。

昨日のところは前にも痛くはなったが、その時は昨日ほどではなかった。

今回はかなり猛烈だ。
(それだけ日々より良いトレーニングになっているのか!?)

食事のためにどうしても3度は起居せねばならなかったが、毎回が半分「恐怖(?)」でもあった。

それでも、痛いのはやはり「体の表面」だし(ホンマもんの「腰痛」ではない!)、昨日のセラピスト先生も体に触れて「張って(固くなって)いるのが分かる」とも言われた、「(僕の麻痺側の)左が痛むのは良いこと」ともされたので、またまた素直に痛みが取れるのを静かに待って、また再スタートを切りたい。

昨日は終日腰の辺りの猛烈な痛みのせいで身体中が固くて何ともならなかったが、「かつて」を知ってくれているセラピスト先生の嬉しい評価を得られたのはとても良かった。

毎日毎日詰まらない「リハビリ自主トレ」ばかりで押し潰されそうになることがあっても、「あれから1年近く」経って、昨日のような評価が得られたとするならまた頑張れる。

むしろ今すぐにでも頑張りたいくらいだ!

イカン、イカン、今は環境を整える(=痛みを取る)ことの方が先だ。
整えば整うほどもっと頑張れることを忘れないようにしよう。


今日は午前中に来客(就職関係→実質お断り→かなり前から「一度来なはれ」と言っていて、とうとう来やがる)があるし、午後にはお風呂やマッサージリハもあったりするから、今日一日「休養」としてゆっくりしてもいいかなあ~。

これはサボりや怠けではない。

これは次に繋げるための(最近流行り?の)未来思考の休養だ。

まだ寝床から起きない今でも、昨日よりマシであることは分かる。

だからと言ってすぐに復帰しようとしないことだ。(前回はそれが良かった。)

焦ることはない。普通にルーティンの生活をするだけでもリハビリにはなっているはずだから!(そう意識をすればより一層!)

とこんなところで、今日は「静かに」頑張るかな


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

昨日の床屋さん+αの良い刺激、そして今日の施設のリハビリ→「あれから1年」の進展は??

今日は05月も21日で月曜日か。

毎週のことながら月曜日が来るのか早いな。

いや、違う。

そうと意識するからそう思うだけで、他の曜日と何ら変わりはない。何となく「キリ」がいい(?)からそう思えるだけで、機会の確率的なことを言えば他と全く同じなのだ。

まあ、いい。

月曜日は月曜日だ。

月曜日と言えば、毎週恒例の"G(-SHOCK)"のお着替えがあるところたが、先週は予期せず「あの"G"が壊れる(?)」という不測の事態が起きて決めたローテーションが狂った。

でもその時すぐにローテーションを修正したので、そのままの流れに沿っていくか。

となると今週は"-B"だ。

今週は週中に天気が崩れるみたいだから、様々な検証にもこの"-B(気圧計付き)"はいい。

それもいいけど早く"-D"に戻って来て欲しい。

メーカーさんとは有り難くも直接色々やり取りが出来て、いい感じで段取りもついたから後は時間の問題だ。

これも、いいか。

昨日は午前に床屋さんに出掛け、またまた綺麗にカットして頂けて大満足だ。

恒例の「あんかけスパ」も美味しかった。

妹とも色々話せて楽しかった。

もう一つ楽しかったのは、今たまたま凝っている「浪曲」のことで、散髪中僕がたまたま「虎造」と口にしたら、こ主人様からボロボロっと関連する登場人物や語句が次から次に出て来たことだ。

僕はそれに関して正に「真っ最中」だからある程度当然(?)だとしても、藪から棒に「虎造」と言ったことでいきなりこうも話せるとは、昔の人気やブームもあるだろうが、こ主人様の各種幅広い造詣の深さには毎度ながら驚かされる。

その時のこと、後から色々思い返して面白くなってきた。良い刺激も受けた。

僕も各種色々やる方ではあるが、出来れば僕もああなりたい。

そんなの目指して頑張ろう。

と、こんなこともありながら、今日は(月)だから、午前は施設のリハビリだ。

今日は昨年夏に産休に入られて最近復帰された先生とのリハビリになりそうだから楽しみだ。
「あれからほぼ1年」の率直な進展状況を聞けそうだ。

このところ考えた新開発の「リハビリ自主トレ」についても聞いてみたい。

「リハビリ」に関して「開発する」ことの大切さを教えてくれたのもこの先生だ。

僕が新たに考えた「リハビリ自主トレ」は立位動作にありながら手、腕にも関連してくる(としている)。

「二足歩行」は全身の回復を促すと僕は捉えているがどんなもんだろうか。

この辺何か知恵がないか、この辺についても聞いてみたい。

そうなると時間も限られるから要らんことべらべらしゃべっていてはいけないな。

僕なりに何か少し用意もしておかねばいけない。

もう間もなく06月の声も聞こえるところだし、焦りはしないが時間は無駄に出来ない。

今年こそは「目標(=歩行器自主トレ)」とするものを本気で叶えられそうなのだから!

そうだそうだ、これは絶対に外せない!

よし、行くぜ、今週も頑張ろう\(^-^)/。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

何をするにも「それ、全部がリハビリよっ!」ってところ。

さて、今日は日曜日で05月も20日だ。

今日と言えば楽しみにしている床屋さん(+あんかけスパ)で、出掛けを予定している10時が待ち遠しい。

でも、出掛ける前に「(左手の)リハビリ自主トレ」は1セットきっちりやりたいから、この後はちゃちゃっとしなければならない。
(1セット概ね45分)

昨日のリハビリデイサービス2の前もきっちりやった。
(出掛けは10:20)

今何が一番辛い(不便)かと言えばやはり両手が上手く使えないことだろうか。

確かに環境によって立つのに苦労するとか、歩けないとかあるけど、もし両手が普通に使えたら、現状でも生活環境は劇的に良くなると思う。

で、この手に関するリハビリがあまりにも難しく、また、何をやっても感じる成果や効果も薄いと来ている。

だからと言って「もう、やーめた」と出来ないところがあまりにも歯がゆい。

という状況にあるから、空いた時間があるなら、懲りずに「(左手の)リハビリ自主トレ」はやりたい。
時間を空けてでもやりたい。

そういうものなのだ。

昨晩は床に就いてから最近好きな"浪曲"を聞いていたら、それか面白過ぎてしばらく寝られずらかなり夜更かしになってしまった。

今日の床屋さんでウトウトしなければいいが・・・。

というところで、激しく寝坊もしてしまったから今回はここまでにして、今日を楽しくしっかり行こう。

出掛ける前と帰った後、またしっかり頑張ろう。

あ、外出もADL(日常生活動作)にはとてもいいリハビリとされるからそれも頑張ろう。

あ、結局全部だな。

「生活全部がリハビリ」と言われるところだしな。

ちと厳しいけどそんなもんだな。

いいよ。

頑張るし!

そんなところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

さあ、今日の「平行棒トレ」→「放し飼い」でも試すべくを試して頑張ろう!

さて、今日は05月も19日で土曜日だ。

土曜にと言えば、クドクなるがリハビリデイサービス2だ。

でも今日は普段の受け持ちの先生が休みで、代役の方もおられないと聞いているので如何なものか。

昨日の夕方にはいつもの通り今日のお迎えの時間を知らせてくれる連絡をもらったのだが、その返信では、通常、連絡に対しての確認と御礼だけをお返しするところ、昨日については、「平行棒トレーニング」は何としても行いたいとの旨も含めて返した。

昨日のうちから今日について「そのつもり」でいてもらわないと困るからだ。

今日当日になって僕の顔を見てから、はて・・・では危険だと考える。

僕の普段の生活でもそうだが、そのつもりがあるなら、予め口にしておくのとそうでないのとでは自分も周囲もまあまあ段取りが変わる。
結構大事なことだと思う。

まあ、それはそれとして、今日のリハビリデイサービス2はどうだろうか。

このところの「平行棒トレ」では半ば「放し飼い」状態(?)なので、今日も転倒だけしないようにフォロー願えれば良しとするか。

あとは自分で思うところを試すことだ。

最近施設での「廊下での立ち座りの自主トレ」でも、左足の出具合がかなりいい(床から浮かせてキープも出来つつある!)ので、それをそのまま活かしたい。
前に失敗した(イマイチだった)「しのび足」を再度試してもいい。

今日は先生もいなくて、横からチャチャ→※も入らない(?)ので自由訓練のつもりでしっかり頑張ろう!

※もちろん「チャチャ」てはない。誤解のなきよう。
これ、あくまでも「雰囲気」の話。


お陰さまで明日日曜日はいい感じに晴れそうだな。
気温もまあまあで気持ちよく清々しそうな・・・。
良かった良かった。

ま、こんなところで今日もしっかり頑張ろう。

そんなところ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

まあまあエキサイティングかな、新「廊下での立ち座りの自主トレ」~(追伸)【むしろプラス!?の"G"】~

今日は05月18日で金曜日だ。

金曜日と言えばまたしても週末。

週末は週末でも、今は(土)にリハビリデイサービス2があるから、これまでとはちょっと印象が違う。

明日も明日でしっかり頑張りたいが、その前に今日も頑張りたい。

と言って今日は午後にお風呂とマッサージリハだから、少しゆっくり(?)出来る(感じ)。→(時間がタイトでまとまった時間を確保し難いと分かっているから)


しかし、昨日は暑いんだか涼しいんだかよく分からない一日だった。

ベッドで「(左手の)リハビリ自主トレ」をしていても、暑い?と思ってエアコンを点ければ寒くなるし、切れば切ったでまた暑く(蒸しっと)なる。

総じて言うなら暑くなかった、かな。

ただ、「廊下での立ち座りの自主トレ」では暑くても暑くなくてもジワっと汗が出る。

これはこれで結構な運動量だと思う。
(今の僕レベルでの話。実際体重も順調に減っているし!)

昨日も触れた新しく考案した「リハビリ自主トレ」(「廊下での立ち座りの自主トレ」のこと)がなかなかエキサイティングで、多少の危険(?)は伴うものの、そこは万一を想定して慎重に対処し効果を求めている。

既に昨日から多少の「ハリ」を感じるし、きっとその部分に何か利いているのだろう。

また「痛く」なるかも知れんな。

でも、それならそれで、これまで「使えてなかった部分を使っている」ことになるからマイナスではないはずだ。

ただ、このトレーニングをすると、(体のバランスを取るために)露骨に「姿勢が崩れる」から、この辺はまた施設のリハビリで何か知恵がないか聞いてみたい。

この施設のリハビリはまだ先、(月)の話で、その前に明日(土)には先の通りリハビリデイサービス2もあるし、(日)には床屋さん(+あんかけスパ)も予定している。
少しは忙しく楽しい週末になりそうだ。

願うのは(日)の晴天だ。

日頃の行いもそんなに悪くないし、きっと大丈夫だな。

今日も頑張ります!

(追伸)

【やっぱり大大好きな"G-SHOCK"→考えようによっては「むしろプラス」!?】

前にも記事にした通り、ちょっとのことで針が止まってしまった"my赤備え"の"G"。

昨日修理引き取りをしてもらって修理に出した。

あの程度で針が止まるなんて、ショックはショックに違いないが、これも元々そういう運命(?)にあったのかも知れない。
(都合でたまたま「早まっただけ」とか・・・。)

「廊下での立ち座りの自主トレ」で使っているキッチンタイマーなんか、既に何度も落下させているのに何ともない。

ま、今回の件で購入後に改めて本体チェックをしてもらえるとするならそれは「むしろプラス」かも知れない。

メーカー殿のご対応も、僕のような「面倒な者」に対しても機転が利いて丁寧で言いたいことも伝わるし、頭が下がるものがあり、益々"Gファン"になってしまうってものだ。
(全国から諸々たくさん問い合わせもあるだろうに)

と言ってまたwebとかで懲りずに"Gを眺めていると、妹に「時計なんかどれ見ても時間は一緒!」と叱られるから注意が必要だ。

でも違うんだなあ~。

そりゃ「時間」はそうでも「時計」はそうじゃないんだよな。

ワカンネーだろうなf(^^;。

「my赤備え」、戻ってくるのが楽しみだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

新考案の「リハビリ自主トレ」と本文中後述1&2~「『なくても出来る』レベル」の話、他~

今日は05月も17日で木曜日だ。

木曜日と言えば、今や週に一度の「終日フリー」となる日なので大事にしたい。

大事に、と言ってもやることと言えば主として「リハビリ自主トレ」だけど→※後述1。

しかし昨日のリハビリデイサービスは何かバテたなあ。
何でだろ。
暑かったからかな?

今の僕においては、何よりも避けたいのは先ず「肺炎」で、この「肺炎」も、体力が落ちたら些細なことでまた起こしそう(?)な危険を感じるので、疲れてもいいけどそれを溜め込まないことが大事と思い、昨日の午後はまあまあしっかり昼寝をした。

気を付けるべくは「(疲れの)都度除去」だと認識している。
これは「怠け」ではないのだ。「注意」だ。
別にアピールする(?)ものでもないけど!


まあ、いい。

昨日は今後の課題として新たな「リハビリ自主トレ」を考案してリハビリデイサービスでも確認してみたが、「研究熱心ですね」とされながらも、やはり「まだ早い」だった。
→やろうとしていることに理解は得られた。

「ではいつなら早くないのか?」と言いたくもなるが、この辺を議論しても結論は出ないはずなので、僕自身のポテンシャルを上げて、それに耐え得るパフォーマンスを発揮出来るようにするしかない!

こうするにおいて気を付けねばならないのはやはり「転倒」だ。
これは昨日やりながら「こりゃ危ないな」と思うことがちょくちょくあった。

確かにかなり難しい。
でもそれだけに遣り甲斐がある。
出来るようになれば効果も大きいはずだ。

くどいようだが、目指すところは「歩行器自主トレ」で、これを使うには腕への支持の軽減と相当安定したバランスが求められる。
仮にバランスが崩れても修正するスキルも必要になるはずだ→※関連後述2

僕の場合「左片麻痺」だから、左も右と同じになるようにしたい。
(右も「完全」ではないが・・・。)

そう、そう、一気に目指すところに到達したいと思うからいけないのだ。

まだ昨日始めたばかりなので、安全に慎重に、でも野心的に進めて行きたい。

今日も頑張ります!!

-----------------------------------------------
※【上記後述1「主としてやること」について】

日々僕の日課(仕事)としているのは何をおいても「リハビリ自主トレ」だが、その片方で取り組んでいることには「数独」もある。

やり出したら止まらなくなるので、「20分タイマー」を徹底してそれを繰り返している。

今は、とうとうやっているシリーズ本の"Level9"に突入したから、言ってみれば「上の上」だ。
昨日は朝方寝床でやりかけたものを、その後のリハビリデイサービスの朝の待ち時間の間に解くことが出来て嬉しかった。

最近増えた「引き出し」としては、難しい問題には、「こことここのどちらかにこれかこれが入ってもここは確定する」という箇所があることだ。

上手く出来ている。
それに実に奥が深い!

なるほど!と掴むものを得たが、正確にそこまで至る慎重さも大事だ。

「数独」なんて、優しい問題なら、「A案が違えば、相対するB案が正」といったものだったが、難しい問題ではC案も、時にD案も存在することが分かった。
(もちろんどこまでも「理屈重視」で、「勘」で進めることはしないが!)

最近「数独」が面白過ぎて「論理脳ドリル」がお留守になっているのでドゲンカセンバイカン!

こんなのほとんど趣味か遊びでも、「考える習慣は良い」とされるので、何とかリハビリにも繋げたいものだ。

(たとえ「脳は脳でも使うところが違う」とされても)

-----------------------------------------------
※【上記関連後述2「歩行器自主トレ」について】

今は何とか「歩行器」を使って歩行のリハビリをすることを目指しているが、本当に「歩行器」を使おうとするなら、「(歩行器が)なくても歩ける程度」のポテンシャルが少なからず必要になるはずだ。

こう思うのには、一つの経験的な経緯がある。

話は飛ぶ・・・、
僕は「自称ミュージシャン」で、過去色々なところと機会でギターの引き語りをしてきたが、この演舞は、言ってみればほとんどが「記憶の作業」だった。

と言うのも、本当は「譜面台」でもあれば楽かと思ったが、この「譜面台」、実際は「なくても出来る」レベルにないと使えないものなのだ。

「見なければ出来ない」や「見れば出来る」のレベルでは、いくら「譜面台」を備え付けても全く意味を成さないことを経験的に知ったものだった。


と言うことを今の「歩行器」に当てはめるならば、
「(歩行器が)なくても歩ける」(くらいの)レベルにないと「歩行器」は使えないことになってしまう。

「(歩行器が)なくても歩ける」とするのはかなり飛躍した話になってしまうのでそこはナンともカンともだが、腹積もりとしては「それくらい」のものが必要と考える。

となると、このところ「いい感じ(?)」と思っても、実際のレベルは全然達していないんだろうなと思う。

これが99%→100%の壁だろうか?

僕はまだその99%にもかなりかなりほど遠いので、まだ全然「語るに至らず」であるが、こんなことも頭に入れながら日々のトレーニングに精を出したい。

この辺、更に(追伸)があるが、それはまた今度にしよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

始まりは「徐々に」、でも方向性たけはきっちりと~要らぬ心配をんぱいをする前に~

さて、今日は05月も16日で水曜日だ。

水曜日と言えばリハビリデイサービス。

今日は早朝から出掛けの回なので今日も気張って行かねばならない。

このところ、早朝から回では、プログラムが始まるまで(だいたい10時)に一度は「徐圧」をしないとお尻が持たないので困ったものだ。

ちなみに体重はとうとう74.6kgまで来て、順調そのものだ。

この辺は、体の回復を果たした後も維持したいと熱烈に思うが、普通に回復したら今のような食事は出来ないだろうな。

カロリー的にも現在は「これ以上減らせない」下限値なのだ。

これ以上減らすと、運動(=リハビリ)出来ない、基礎代謝が下がって逆に太る(?)とも言われている。

今度の日曜日にはまた床屋さんを予定しているが、そこで「月一」限定の「あんかけスパ」みたいなものを自由に(?)食べられるようになったら、今の状態を維持出来るとは到底考えられない。

どうしたものか・・・。

と言うより、先ずはそんな心配が現実になることの方がずっと大事だな。

まだ自宅にすら帰られないのに要らぬ心配とはこのことだ!

で、今日は先の通りリハビリデイサービス。

昨日から、立位、足の踏み出しに関して「腕の支持を軽くしたい」と思い、「リハビリ自主トレ」に一工夫を加えてみたのだが、簡単に出来ない。(出来たら苦労しない!)

これでいいのかどうか分からないところもあるので今日のリハビリデイサービスでも聞いてみよう。

恐らく「そんな一足飛びに考えなくても・・・」みたいなことを言われてしまうんだろうなあ。

でも、始まりは何でも「徐々に」、だろうだから、方向性だけは確認しておきたい。

リハビリデイサービスで「全てをまかなえる」ならそれでもいいが、そうではないのだから、自主トレの方向性は大事なのだ。

ま、こんなところで、今日も価値あるリハビリデイサービスにしよう。

一回一回を大事にしないと。

これもなかなかのなかなかのプレッシャー(?)だな。

なんちゃって、違う違う。
気楽に大きく構えて行こう。

今日も頑張ります!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

何はなくとも(?)「リハビリ自主トレ」「リハビリ自主トレ」「リハビリ自主トレ」!それしかない!!~(追伸)【G-SHOCKショック!?】~

今日は早くも05月半ばの15日で火曜日だ。

(金)(土)(日)は週の終わりの「週末感」、(月)は週の始まりの「始まり感」、言うなら(火)は週が始まった「滑り出し感」か。

と言っているうちに明日は(水)のリハビリデイサービスだし、当たり前に違いないが、日々着々と過ぎていく。

前に直近の目標(08/31)まであと112日、なんてことを記事にしたが、それも今日で109日。

これだって何もしなくても確実にカウントダウンされていく。

だいたい、何がどんな状態にあっても、振り返れば「あっと言う間だった。」となるのは世の常なので、下手に焦らず、日々を無駄にしないようしっかり行こう。

いつもこんなことを書いてしまうのがそもそも「焦り」の現れなので、この辺も自分でよく認識して上記の通り「日々を無駄にしない」を主眼に落ち着いて行こう。

何をどう過ごしても時間の長さは決して変わらない、変えられない。

変えられるのは、「使い方、過ごし方、捉え方・・・etc.他『その中身そのもの』」なのだから、そこをそう認識して日々を送ろう。

何か同じことを言葉を変え変え繰り返し書いてる。これではイカンな。

頭の中に書きたい内容の構想があやふやだから、書き出してみればいつもこうなるのだろう。

これからはこの辺にも注意して「(文章)修行」がしたい。


と、こんなことをウダウダ書いても仕方ないのだが、昨日は施設のリハビリで「歩行器チャレンジ」があった。

「歩く」形はまだまだ拙くても、介助をしてくれるリハビリの先生の話では「かなり良くなっている」だったので、それはそれで嬉しく受け止めても、ここで満足出来るものではないので、「次どうするか」を考えたい。

★もっと腕に頼らず足を出したい
→まだまだ腕の支持の反動で足を出している。
→これは「リハビリ自主トレ」でも十分心当たりがある。
→待てよ、あーしてこーすればこの辺の改善も「リハビリ自主トレ」で出来るかも知れない、と今気付いた!

→→これがあるから、僕が書きたいだけの「ブログ」も止められん。早く「リハビリ自主トレ」やりたい。

★ものを引っ張らずに立ち上がりたい
→これは昨日のリハビリで試して、どこにどの程度の問題があるのかを先生と協議(?)することが出来た。
→これも「リハビリ自主トレ」で修正、改善可なので、ガッツリ行きたい。

日々「リハビリ自主トレ」「リハビリ自主トレ」とは言っているけど、こうして見てくると、たかが一人で勝手にやる「リハビリ自主トレ」だとしても聞こしに勝る成果が得られると思うので、たとえ少しシンドくてもしっかり行きたい。

毎度メニューは決めているが、それをきっちりこなすこともそうだが、上記に記すような、必要課題の刷り込みも十分反映させることも考慮に入れながら進めよう。

これも円滑に継続を促す大事な策だ。

そして成果効果を出してリハビリを進めるのだ。

何も楽しい(?)ことは書けないけどこんなところだ。

今日も頑張ろう!!

(追伸)

【G-SHOCKショック!?マジかよ!?】

昨日の記事にもした"my赤備え"の"G-SHOCK"。

昨日のお昼に誤ってテーブルから床に落下させたらそれ以来長針と短針が動かなくなってしまった。

カシオのセンターに電話で相談するも故障と思われる。
まさにG-SHOCKなのに!?だ。

こんなの、G-SHOCKでない普通の時計でもこんなことそうそう起きないぜ、と言いたい!
マジでマジでマジで!

仕方がないから修理の引き取り依頼をかけた。

"G-SHOCK"ならまだあるちゃあるけどそういうもんでもないんだな。

早く引き取りに来て欲しい。

センターの電話のそぶりでは引き取りは明日かな。

元々止まる運命にあったのかも知れないね。

ここでキチンと直せるのは悪いことではないかも知れない。ん?ん?ん?

かなりSHOCK!には違いないけど!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧